20190228_2

イーグルモス社が2013年から発売していた分冊百科『世界の軍艦コレクション』全80巻を宅配買取にてお譲りいただきました。

20190228_4

1/1100スケールのダイキャストモデルが毎号付いてくるというものです。ラインアップを見てみると第一次世界大戦から第二次大戦までの日本海軍のものが中心に揃えられています。

20190228_1

1号はやはり戦艦大和、4号が武蔵、その他の戦艦を見てみますと金剛型は金剛、霧島、榛名、比叡、扶桑型は扶桑、山城、伊勢型は伊勢、日向、長門型は長戸、陸奥と揃っています。海外の戦艦はドイツのビスマルク、アメリカのエンタープライズ、イタリアのリットリオ、フランスのダンケルク、イギリスのプリンス・オブ・ウェールズ、ロシアのボロジノなどが並びます。

1/1100スケールという事で、コンパクトなのですが、ダイキャストモデルという事で持った感じがズシリとくる感じがいいですね。ディスプレイスタンドと艦名プレートも付いています。

塗装済み完成品ですので、ターゲットは組立や塗装にこだわるマニア向けというよりは、初心者という事でしょう。小冊子には毎号その軍艦の詳しい説明やコラムが掲載されています。これを読むと手軽に軍艦の知識を得る事ができます。同時期にオンラインゲーム「艦隊これくしょん」が始まった事もあり、ちょうど同じような軍艦初心者がどっと増えた事でこのシリーズも人気が出たようです。

以前ご紹介したアシェット・コレクションズ『日本陸海軍機大百科』は1/87、1/100、1/120などのスケールのダイキャストモデル戦闘機のコレクションというものでした。こちらとあわせて好きなものをコレクションしてジオラマなどを作ってみると楽しいかもしれませんね。


古書店三月兎之杜ではデアゴスティーニ、アシェット、イーグルモスなどの週刊シリーズ/分冊百科の買取を行っております。

アシェット、イーグルモスの買取実例と買取価格はこちらの買取ページを是非御覧ください。

メールでのご依頼は、買取のお申込みページより
写真を送るだけのお見積もりをご希望の場合は、らくらくLINE査定ページより
お電話からのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
までよろしくお願い致します。

投稿者:usagi

i-img640x640-1566951305fns75h137

「イングリッシュアドベンチャー」(アカデミー出版)より『家出のドリッピー』『コインの冒険』のCD付き英語教材をお譲りいただきました。どうもありがとうございます。

『家出のドリッピー DRIPPY-The Runaway Raindrop』が初級コース、『コインの冒険 THE ADVENTURE OF A QUARTER』が初中級コースで、それぞれ中高生向けのレベルです。

i-img640x640-1566951305ebepmw137

日本でもドラマ化された『真夜中は別の顔』の著者・シドニィ・シェルダンによって日本人向けに書き下ろされたテキスト本と解説書、ナレーションCD、訳本が教材となっております。

1コース12ヶ月の課程を修了すると英文のペーパーバック(単行本)がプレゼントされます。修了する頃には、解説無しで自分の英語力にて物語を読み進めることが出来るようになって・・・いなさいよということなんでしょうね、きっと。

英語が上達するには耳が慣れること、そして、単語を聞いて脊髄反射で想像ができること、そして覚えた英語は積極的に使っていくことが大事です。
修了したあともペーパーバックを読んでいる方、普段からCDを流し続けている方もいらっしゃるそうで、数々のリスニング教材の中でも、長年多くの人に親しまれている教材のひとつです。


イングリッシュ・アドベンチャーの他にも『スピードラーニング』『ディズニー英語システム』などの人気英語教材の買取も行っております。
「もうペラペラです。」
「自分には合わなかった。」
など、様々な理由で整理をご検討の方は古書店 三月兎之杜へお気軽にご相談くださいませ。

買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。
古書店三月兎之杜の「教材」買取ページ

メールでのご相談は、お問い合わせページ
LINEでのご相談は、らくらくLINE査定ページ
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10–20時/年中無休)まで宜しくお願い致します。
皆様からのご相談心よりお待ちしております。

投稿者:usagi

item img 1
『鳥居龍蔵全集』(毎日新聞社/全巻揃)をお譲りいただきましたのでご紹介いたします。
有難うございます。

日本最初の国際人類学者とも目される鳥居龍蔵氏の集めてきた全てを記した全集となります。
前述したとおり鳥居氏は日本の人類、民俗学の先駆者として大変著名な方です。明治のころから当時珍しかったカメラを用いて日本で初めての野外調査を行い、資料と共に膨大な記録写真を残しました。何かを記録しておくというのは、現在でもどの分野においても大変重要かつ緊急の課題となっております。その重要性に早くから気付いていたのか、カメラを用いてビジュアル的にもデータを遺しておくとは非常に先見の明があったと言えます。現在ではネットでその写真の一部を見ることができますので興味があったら是非覗いてみてください。当時の人の生活が画で見れるというのは大変貴重ですから。

item img 2

鳥居龍蔵氏のフィールドワークの範囲はすさまじく、国内はもとより、モンゴル、朝鮮半島、台湾などアジアの大変広範囲にわたっての調査を行っています。正直交通の発達している現在でもかなり辛く過酷な範囲を行っているので、如何に氏が情熱をもって調査を行っていたかが分かります。この全集には氏の汗と血が結晶になった資料の数々が納められています。その熱意を肌で感じられる資料の数々は、そこまで人類学に明るくない自分が読んでいましても、大変興味深くまた非常に心を打つものでした。学問を志す人間なら忘れてはいけない、自らの足で実際に目で見るというのを体現されているわけですから。

情熱のこもった貴重な資料の数々を閲覧できる『鳥居龍蔵全集』のご紹介でした。たまにこういった自分のあまり関心のない分野の資料を読むというのも、大変貴重な経験ができてよいものですね。


三月兎之杜では民俗学や人類学の専門書の買取も行っております。もちろん全集も大歓迎です。

詳しくは2019古書店三月兎之杜の哲学書/思想書の買事例は」こちらから。

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより 
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
までお願い致します。 皆様からのご依頼を心よりお待ちしております。 どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

i-img640x480-1550026096m3laz263244 

この度は集英社版 『世界の文学』 全38巻揃をお譲りいただきありがとうございました。

今回は全集に定評のある集英社版。『世界の文学』というタイトルの全集は、中央公論社版や、同じ集英社からも「集英社ギャラリー版」など、同タイトルであっても収録作品が異なるものが複数出版されています。(全集あるある)

n7evimx93swho

ほとんどの巻で月報が付属しており、傷汚れ等も比較的綺麗な状態です。

i-img640x480-1550026096ys4rwg63244

収録作品の中には『長距離走者の孤独』 アラン・シリトーブリキの太鼓』 ギュンター・グラスなど映画化されている作品が多数あります。洋画好きな方なら見たことがある作品もあるかもしれませんね。

なおこちらの全集、本邦初訳が多数あります。

例えば『夜のみだらな鳥』 ホセ・ドノソは「世界の文学」で初めて知り、初めて読みました。(現在は単行本も刊行されています。)本の中で迷子になる感覚といいますか、視点が目まぐるしく変わり、真実も目まぐるしく変わる…ふらふらと酩酊状態のまま読み終えました。
こんな怪作が世界にはゴロゴロ落ちているのかと、自分の井の中の蛙っぷりを思い知らされたのと同時に鳥肌が立ったものです。その他にもこちらの全集でしか読めないような作品もあり集英社の本気っぷりに敬意を評したくなります。


「日本文学全集」、「世界文学全集」はほとんど取り扱いが難しくなりましたが、今回のように買取させて頂ける全集もございます。
もし、整理をお考えの方はぜひ古書店三月兎之杜の全集の買取に関するページを御覧ください。

こんなジャンルの全集でもいいの?などご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせページ
ラインでのらくらくLINE査定ページ
お電話でお問い合わせは、フリーダイヤル:0120-996-504までお願い致します。(10-20時/年中無休)

投稿者:usagi

20190221holidy1

1980年-1984年の自動車雑誌『ホリデーオート』を纏めて買取させて頂きました。どうも有難うございました。

20190221holidy2

モーターマガジン社発行の1971年創刊の雑誌です。中綴じで週刊誌タイプ。1990年代中ごろまで、表紙はその当時の人気アイドル達でした。こちらは当時のほとんどの車雑誌の表紙を飾っていたと思われる人気の河合奈保子ちゃん。雑誌の内容は走り屋やちょっと”やんちゃな”人たち向けの記事が人気でした。

20190221holidy3
この頃の自動車雑誌は他に1972年創刊の芸文社『ピットイン』、1968年創刊の交通タイムス社『CARトップ』、1985年の講談社ビーシー『ベストカー』などがありますが、だいたい女性アイドルを表紙としていて、車っぽさをあまり押し出していません。イメージをポップな感じに振っていたほうが手に取ってもらえるという事でしょうか。

以前に『ハチマルヒーロー』の買取の記事を書きましたが、この年代の車たち(=旧車)は今でも愛され続けているのですね。旧車ブームは海外でもあり、最近でJDM(Japan Domestic Market)といって、日本国内向けの旧車(もう少し新しい年代のスカイランR32やr34など)がアメリカ市場で高騰しているという話題も聞かれるようになりました。


古書店三月兎之杜では『ホリデーオート』『ヤングオート』『チャンプロード』『カミオン』など、1980年代までの昔の自動車趣味雑誌を買取しております。
バックナンバーが多くて、もう置く場所がないといった場合などの時、是非弊店をご利用ください。お近くの場合は持ち込み買取の他、段ボールに詰めて送る無料宅配買取や、大量の場合は出張買取もございます。

雑誌・資料の買取実例と買取価格はこちらの古書店三月兎之杜の雑誌買取ページを是非御覧ください。

メールでのご依頼は、買取のお申込みページより
写真を送るだけのお見積もりをご希望の場合は、らくらくLINE査定ページより
お電話からのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
までよろしくお願い致します。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

投稿者:usagi

谷川浩司全集  全11巻 と 新 谷川浩司全集 全4巻
この度は『谷川浩司全集』全11巻揃、『新・谷川浩司全集』全4巻揃をまとめてお譲りいただき、どうもありがとうございました。

谷川浩司さんといえば、加藤一二三さん以来の史上2人目の中学生棋士であったうえに、史上最年少21歳で名人位を奪取したことや、1995年の王将位をかけた羽生名人との対局では、見事に防衛したこと等話題に事欠かない棋士の1人です。さて、今回お譲りいただきました本には、谷川さんの解説付き棋譜が載っております。

谷川浩司全集  数冊

帯には各巻の特徴が表記されております

まず、『谷川浩司全集』の第1巻は帯にもある通り、彼の代名詞とも言える”光速の寄せ”が見受けられる棋譜が掲載されています。

そもそも、彼の戦法が光速の寄せと呼ばれていたのには理由があります。例えば、対局も終盤に差し掛かった頃に谷川氏が不利な状況であっても、相手が詰みになるポイントが存在すれば見逃さなかったことも理由の1つです。また、対戦相手がこの場面では谷川氏が守りに入ることを見越していた際には、逆に攻めこんでいき勝ち星をあげていきました。その為、”光速の寄せ”といえば谷川浩司名人と呼ばれるようになったのです。

今回買い取らせていただきました全集のように、古書店 三月兎之杜では将棋に関する本の買い取りも行っております。


詳しくは、
古書店三月兎之杜の囲碁、将棋に関する本の買取ページより、
メールでの場合は、こちらのお問い合わせページより 

ラインでの場合は、こちらのらくらくLINE査定ページより 
お電話での場合は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。 
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

投稿者:usagi


1990年代の雑誌『GOKUH』約60冊を宅配買取でお売り頂きました。どうも有難うございました。


えーと、巨乳美人が並びます。版元はおなじみ英知出版。1990年代後半になりますと、現在と違和感も少なくなりますね(^^;
小室友里さん、小森愛さん・・・、懐かしいAV女優さんの名前が並んでおります。
ネットの普及で、アダルト雑誌の行く末は非常に暗い状況です。若い方は手に取りませんので・・・。
表では語れない、裏の文化史です。もし大量にお持ちでしたら、ご処分の前に一度ご相談下さいませ。


古書店三月兎之杜ではアダルト雑誌を買取しております。大量大歓迎!秘密厳守です。
詳しくは、古書店三月兎之杜のアダルト雑誌買取のページを是非ご覧ください。
宅配買取・出張買取、選択できるメールご相談ページはこちら
写真のみで簡単お気軽にご相談できるラインページはこちら 
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-50410-20時/年中無休)までご連絡ください。 ご相談心よりお待ちしております。宜しくお願い致します。

投稿者:usagi


ミステリ作家・千澤のり子先生の今月のエッセイは、同じくミステリ作家の竹本健治先生とのミニ対談集です。
題して「「第五の奇書を選ぶとしたら」。
(日本の推理小説における)四大奇書はご存知の方も多いかと思います(ご存じない方は是非本エッセイをご覧くださいネ)。それに続く「第五の奇書」を想定するとなると、皆様はどのような本を選びますか?
第五の奇書を選ぶとしたら(竹本健治さんと)|第16回 千澤のり子 エッセイ NEW!


-過去のエッセイも公開しております。是非ご覧下さい-

・第15回 「乾くるみ リピート」
・第14回 「かつて住んでいた街/『憑きもどり』」
・第13回 「大庭健さん(倫理学者) 追悼のかわりに」

・第12回「ミステリいろいろ”初めて話”」
・第11回「竹本健治さんのお宅訪問!」
・第10回 「人生の最期に読む本」
・第9回 「本格ミステリ好き女子(偶然の我孫子武丸先生)
・第8回「記憶の中の作家 中町信
・第7回「ひかわ玲子先生のお宅訪問!
・第6回「装幀・装画のこと」(『本格ミステリ・ベスト10』原書房)/(羽住典子)
・第5回『21世紀本格ミステリ映像大全』執筆のこと(羽住典子)
・第4回「図書館」の無料放出本のこと
・第3回「火の鳥」(手塚治虫著/角川書店版)
・第2回「たんぽぽ館」の思い出(児童書専門書店)
・第1回「ミステリ作家 千澤のり子」

投稿者:usagi


2001年~2003年にかけて全45巻で発行されたデアゴスティーニ社の『隔週刊 モト・コレクション』。
毎号1/18スケールのマイスト社のダイキャストモデルがついてくるシリーズです。
日本のホンダ、ヤマハ、スズキ、ドイツのBMW、ミュンヒ、イタリアのドゥカティ、モト・グッツィ、マラグーティ、イギリスのトライアンフ、オーストリアのKTM、フランスのプジョーなどから代表的なモデルがラインナップされています。
発行から15年以上経っていますので、デアゴスティーニのサイトにもこの商品の内容に関する箇所はありませんので、参考までに45号すべての内容を列挙しておきます。

  • No.1 HONDA VALKYRIE
  • No.2 YAMAHA YZF-R7
  • No.3 YAMAHA V MAX
  • No.4 HONDA NR
  • No.5 BMW R1200C
  • No.6 DUCATI MONSTER 900
  • No.7 HONDA VT 1100 C2
  • No.8 TRIUMPH DAYTONA 955i
  • No.9 YAMAHA YZF-R1
  • No.10 BMW R1100RS
  • No.11 HONDA CBR600F
  • No.12 MOTO GUZZI V10 CENTAURO
  • No.13 YAMAHA 1000 thunderace
  • No.14 DUCATI 748
  • No.15 TRIUMPH THUNDERBIRD 900
  • No.16 SUZUKI GSX1300R 隼
  • No.17 DUCATI MONSTER DARK
  • No.18 YAMAHA TDM850
  • No.19 BMW R1100R
  • No.20 TRIUMPH T120 BONNEVILLE
  • No.21 MUNCH MAMMUT 2000
  • No.22 DUCATI 996 SPS
  • No.23 HONDA XR400R
  • No.24 TRIUMPH SPEED TRIPLE
  • No.25 SUZUKI GSX-R750
  • No.26 YAMAHA FZR600R
  • No.27 KTM 640 DUKE II
  • No.28 TRIUMPH TIGER 
  • No.29 BMW F650GS
  • No.30 DUCATI SUPERSPORT 900
  • No.31 TRIUMPH SPRINT RS
  • No.32 SUZUKI RM250
  • No.33 YAMAHA XV1000 Virago
  • No.34 DUCATI MH900E
  • No.35 TRIUMPH TT600
  • No.36 Malaguti PHANTOM F-12
  • No.37 SUZUKI GSX-R1000
  • No.38 YAMAHA YZ400F
  • No.39 BMW C1
  • No.40 PEUGEOT Motocycles Elyseo 125
  • No.41 SUZUKI GSX-R600
  • No.42 HONDA GOLD WING SE
  • No.43 BMW R1100RT-P
  • No.44 KTM520 SX
  • No.45 PEUGEOT Motocycles Speedfight

付属の小冊子にはマシンのデータ、スペックやレースサーキットの紹介、伝説のライダーたちの歴史も収録されています。自分の好きなものだけをコレクションしてもいいですし、全巻をそろえるのもいいですね。このシリーズにはハーレー ダビッドソンが含まれていませんが、それを加えて自分だけのコレクションを完成させるのも楽しいですね。

こういった全集ものはやはり全巻揃っていて小冊子なども残っていると買取の価格は高くなりますが、本体のみや欠ける号がある場合でも是非古書店三月兎之杜にご相談ください。


デアゴスティーニシリーズの買取実例と買取価格は買取ページを是非御覧ください。

メールでのご依頼は、買取のお申込みページより
写真を送るだけのお見積もりをご希望の場合は、らくらくLINE査定ページより
お電話からのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
までよろしくお願い致します。

投稿者:usagi

q162346322.1

今回は岩波文庫の緑帯(日本近代文学)を中心に赤(海外文学)、青(哲学・思想・歴史など)を大量に買取させていただきました。どうも有難うございました。

赤帯と青帯はよく買取依頼のご相談をいただくのですが、緑のご相談は非常に少なく他の色に少し混じって入ってくることがほとんどです。今回のように緑メインの買取は珍しく、とても嬉しく思います。同様に黄色も少ないので、どしどしお待ちしております。

ということで、めったにこれだけの数が並ぶことがない”緑帯”のラインナップは以下のとおりです。

q162346322.2

q162346322.3

映像化されたり、教科書にも載っているような有名作品がずらり。子どもたちに一度は読んでほしいタイトルが勢揃いしています。最近暇があると図書館へ通っている甥っ子(小学6年生)へこのままプレゼントしたいくらいです。彼も本の虫になるのでしょうか。楽しみです。

っと、荷風随筆集 上下巻が2冊ずつ被っていますね。今気付きました。被っていても買取金額は減額したりということはありませんのでご安心ください。

「買った本が被っていた」ことってたまにありますよね。本棚に並べる時に気付くコトもあれば、何年も経ってから整理した時に気付いたり。

被ってしまってご不要になった本を見つけたら、古書店三月兎之杜へ是非お売りください。

前述の通り、現在のところ岩波文庫 緑帯は買取のご依頼がとても少ない為、緑帯でしたらタイトル問わず買取させていただいております。ご相談を心よりお待ちしております。


買取のご相談は、
古書店三月兎之杜の文庫本買取のページより

その他の買取事例は、
古書店三月兎之杜の買取事例ページより

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

投稿者:usagi

600x449-k2018-07-18-380aaaaa001

二玄社の書道のお手本帖『原色法帖選』(聴氷閣墨宝の巻揃)をお譲り頂きました。どうも有難うございました。

こちらのシリーズは、幻になっている様々なコレクションを収めた書道の手本書になります。高い印刷技術で本物さながらの再現度となっており、掲載された作品の手触りまで伝わってきそうです。

背表紙

さて、そもそもこの「聴氷閣」とは何かといいますと、読みは「ていひょうかく」と言いまして、あの4大財閥の一つ三井財閥の人間、三井高堅が関係しています。彼は美術品の収集家としても名高く、書の収集で有名でした。特に中国の拓本の収集で知られ、中国の戦国から唐の時代にかけての碑からとった碑帖を中心に集めていたようです、その彼の集めていたコレクションを彼の号からとって「聴氷閣本」と呼ばれ、世界的に非常に有名なコレクションとなっています。今回の『原色法帖選/聴氷閣墨宝』とはそのコレクションの中からの掲載という事ですね。

中身

中身 2

という訳で中身ですが実物を載せたものとそれの解説書の二組となっています。実物が載っているお手本帖の方は経本や御朱印帖のように蛇腹状になる形です。非常に鮮明に写っていますのでかなり見やすいです。写真は楷書の模範とよく言われる『九成宮醴泉銘』です。避暑に訪れたら、宮殿の傍らに甘い水の泉が湧き出たことを記念して建立されたそうです。余りにも楷書の理想形として完璧すぎた為、拓本を求める人間が殺到し、碑面摩滅で大変なことになってしまったという話も。

中身3

解説書の方では歴史的意味が丁寧に書かれています。二玄社の他のお手本帖もそうですが解説があまりにもしっかりあるのでついついこちらを読み耽ってしまうことが……。こういった作品の解説にも手を抜かない姿勢が二玄社が信頼されている理由の一つでしょうね。後半には読み下し文も載っていますので作品理解の一助になるのではないでしょうか。

今回このような珍しいものをお譲りいただいてありがとうございました。


古書店三月兎之杜では今回の二玄社『原色法帖選』のような書道、篆刻/印譜に関する専門書の買取も積極的に行っております。
買取事例・買取のご相談は古書店三月兎之杜の書道本買取ページをご覧になってください。

メールでの買取依頼はこちらから可能です。
写真を送るだけの簡単お見積もりをご希望の方はらくらくLINE査定ページから
お電話でのご相談の場合は、フリーダイヤル:0120-996-5041020時/年中無休)まで。

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げております。

投稿者:usagi

item img 1

『DUNK』や『ボム』、『BOO』など懐かしい雑誌をたくさんいただきました。1980年代は本当にアイドルが時代を席巻していましたね。テレビを付ければ必ず誰かしらを見かけますし、街を歩けば誰かしらの曲を耳にする。そんな時代でした。必ず一人は推しが存在するというのは今振り返っても凄い状況でしたね。そういった推しを考慮して雑誌を表紙買いしたりして、当時は最先端の情報は雑誌にしかありませんでしたし、雑誌が無ければ流行に取り残されてしまうとみんな必死でもありました。一種の強迫観念のような感じでしたね。今は小さな板があれば大体の情報は手に入るんですから凄い時代になったものです。

item img 2

本田美奈子さんのグラビアページです。こういう見開きページのグラビアを目当てに買ってました。横に少しこ洒落た文章が乗ったりして、ライターの筆がのっていると、勢い余った熱に浮かされたようなワードが飛び出すこともあったり、そういったところも楽しみにして読んでましたね。
デビュー曲の『殺意のバカンス』はドはまりした友人が横にいたので、大丈夫なのかこの曲はとタイトルだけ見て思っていたのですが、聴いてみたら凄く良くて自分もハマってしまっていたのでした。

item img 3item img 4

『スコラ』や『GORO』もございます。こちらの雑誌を読んでいる人は大人という印象が未だにございます。ちょっとアダルトなグラビアが載っていたりして、父が捨てたのをこっそり読んだりしていました。みんなさん差異はあれど似たような経験をしていたんじゃないしょうか。

80年代の華やかなりしアイドルブームをけん引したアイドル雑誌のご紹介でした。


古書店三月兎之杜では時代を彩ったアイドルたちが載っている雑誌のご依頼も心よりお待ちしております。
なにか気になる雑誌が押し入れなどから見つかった際はまずはお気軽に当店にご相談ください。
 
宅配買取・出張買取、選択できるタイプのメールご相談ページはこちら
写真のみで簡単お気軽にご相談できるラインページはこちら 
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までご連絡ください。 
ご相談心よりお待ちしております。宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

ピアノ弾き語り サウンドアニメ ベスト・オブ・999

先日『ピアノ弾き語り サウンドアニメ ベスト・オブ・999(スリーナイン)』を宅配にてお売りいただきました。弊社へご依頼くださり、どうもありがとうございました。

今回お譲りいただきましたサウンドアニメシリーズは宇宙戦艦ヤマト、ルパン3世といった数々の名作アニメの主題歌や挿入歌といった曲が収録されているシリーズなんですね。宇宙戦艦ヤマトの作曲者である宮川泰氏の楽譜は様々なアレンジ版が刊行され手に入れやすいのですが、銀河鉄道999の作曲者である青木望氏の楽譜を見かける機会は少ないように思います。

さて目次を見ていきますと、劇場版第二弾のさよなら銀河鉄道999のエンディング『SAYONARA』から始まっていますね。この曲は非常に切ない70年代風のバラードでして、きっとファンでなくとも泣けてしまうと思います。

ピアノ弾き語り サウンドアニメ ベスト・オブ・999 2
お馴染みの銀河鉄道999のメロディも。名曲だけあってカバーしているアーティストも多く、EXILE(エグザイル)や消臭力のCMでお馴染みのミゲルくんも歌っていましたね。

 

ピアノ弾き語り サウンドアニメ ベスト・オブ・999 3
ちなみに、お譲りいただきました書籍の状態は良好と判断させていただき査定しました。本には汚れ・折れ・ヤケなどが見受けられましたが昭和58年に発行されたものですから仕方のないことと思います。状態が悪くて買い取ってもらえるか不安という本も、当店へお気軽にご相談いただければと思います。


古書店三月兎之杜では楽譜・バンドスコアの買取を行っています。

また当店の強みの1つとして、条件はございますが事前のお見積り金額そのままをお約束というものがございます。是非目を通していただければと思います。

買取に関するご相談・お問い合わせはお問い合わせフォームから。(対応時間:10時~20時)
お電話でのお見積りに関するご相談は0120-996-504から。(対応時間:10時~20時)

皆様からのお問い合わせ心よりお待ちしています。

投稿者:usagi

20190207hachettef1_03

アシェット・コレクションズで2011年8月から発売された『公式フェラーリF1コレクション』全155号を買取させていただきました。どうも有難うございました。
ラインナップはこちらの公式サイトに詳しく掲載されています。これだけ揃うとまさに壮観ですね。F1コレクションと銘打ってますが、F1以外のカテゴリーのレースカーや市販車ベースのレース仕様車も含まれています。

20190207hachettef1_02
フェラーリはF1グランプリが開始された1950年から現在まですべてのレースに出続けている唯一のチームですが、このコレクションにはその全時代の歴史的マシーンがすべて含まれています。

1950年のアルベルト・アスカリに始まり、1956年のファン・マヌエル・ファンジオ、1960年のリッチー・ギンサー、1963年のジョン・サーティース、1968年のジャッキー・イクス、1974年のニキ・ラウダ、1977年のジル・ヴィルヌーヴ、1987年のゲルハルト・ベルガー、1989年のナイジェル・マンセル、1990年のアラン・プロスト、1993年のジャン・アレジ、1996年以降のミハエル・シューマッハ、2007年のキミ・ライコネン、2010年のフェルナンド・アロンソなどなど、歴代のドライバーが乗った車が並びます。

20190207hachettef1_01

ミニカーは1/43スケールで、アメリカのマテル社の制作です。一台づつ見ていくと気づく事があります。フェラーリは長い間マールボロのスポンサードを受けていたので、車体にMarlboroのロゴがあるはずなのですが、省略されているか付いていないマシンが多いのです。このあたりはタバコ広告規制に沿っての対応だと思いますが、自分でデカールを追加するなんていう事もやると楽しいですね。

フェラーリは早いから美しいのか、美しいから早いのかといわれるほどデザイン的に美しいマシンを作っていました。1990年代ジョン・バーナードのデザインした「640」に代表される丸みを帯びたデザイン。よけいなものがなくシンプルな構造はこのマシンのみのものでした。2000年代ミハエル・シューマッハが連勝を続けていたマシンのデザイナーはロリー・バーンでしたが、こちらは早いから美しい、のだと言う気がします。

近年のマシンは空力をどうするかという事のためにあまり美しいと思えないマシンが増えているのは残念な気がします。

写真などと違いミニカーが付いてくるという事で、横から前から上からマシンを眺められるのはいい点ですね。


完成品、未組み立て全巻揃いはもちろん、途中の号までなどでも買取可能の場合があります。
アシェットなどの買取に関してのお問い合わせはお気軽に、
古書店三月兎之杜のアシェットの買取ページを是非ご覧ください。買取価格表も掲載しております。
・メールでのご依頼は、買取のお申込みページより
・写真を送るだけのお見積もりをご希望の場合は、らくらくLINE査定ページより
・お電話からのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)まで、
よろしくお願い致します。

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

投稿者:usagi


■<発行>
・昭和49年1月発行 1巻奥付

■<状態>
・函にヤケ、シミ、汚れがあります。
・函のホチキス部にサビがあります。
・表紙等にヤケ、シミ、汚れ、スレがあります。
・小口等にヤケ、シミ、汚れがあります。
・見返しにヤケ、シミ、汚れがあります。
・ページ内にヤケ、シミ、汚れ、折れがあります。

■送料:
ゆうパック 870円(九州・北海道 1100円 沖縄 1550円)
---


※ご注文は全古書連『日本の古本屋』よりお願い致します。(前払/クレジットOK/公費ご対応)。
※売り切れの場合はご容赦下さい。
※買取もしておりますので、古書店三月兎之杜 仏教書買取のページも是非ご覧ください。

投稿者:usagi