ミステリ作家 千澤のり子 記憶としての書評

ようこそ! ここは古書店三月兎之杜から本好きの皆様へ贈るページです。
活字離れと言われる世の中、まだまだ読書には無限の奥深さがあります。
その奥深さを一緒に体験致しましょう!

今回はミステリ作家であり評論家としてもご活躍中の千澤のり子先生にご登場頂きました。ミステリーファンの皆様は勿論、全ての本好きの皆様へのプレゼントです。
どうぞお愉しみ下さい!

(月1回の連載を予定しております。掲載いたしましたらツイッターブログでご報告致します。是非フォローお願い致します!)

マーダーゲーム シンフォニック・ロスト 千澤のり子著

第一回 自己紹介

初めまして。千澤のり子と申します。 この人はいったい誰なんだろう? と思われるかもしれません。いえ、そういう方がほとんどでしょう。   私は、ミステリの本格ミス…


古書店三月兎之杜より執筆者のご紹介

千澤のり子(ちざわのりこ)

千澤のり子(ちざわのりこ)先生。
東京生まれ。
日本推理作家協会会員。
本格ミステリ作家クラブ会員。

2007年に二階堂黎人氏との合作『ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子』にてデビュー(当時は宗形キメラ名義)。その後は単独名義にて『マーダーゲーム』『シンフォニック・ロスト』(以上講談社)を発表。なお講談社ノベルスの公式WEBサイト「あとがきのあとがき」では、『シンフォニック・ロスト』執筆時のご苦労話が読めます。

そして2017年に待望の単著三作目『君が見つけた星座 鵬藤高校天文学部』(原書房)を上梓。ほかに共著として『人狼作家』(原書房)『サイバーミステリ宣言!』(角川書店)など。
ミステリ作家としてご活躍の一方、羽住典子名義で評論家としても精力的に活動中。
所属する「探偵小説研究会」では『本格ミステリ・ディケイド300』、『本格ミステリ・ベスト10』(共に原書房)の編纂にも携わられております。

Twitterアカウント: @noriko_c