東本願寺出版部発行の『真宗相伝義書』(別巻含む全21冊揃)をお寺様より宅配買取でお売り頂きました。どうも有難うございました。
出版は昭和53年。書物の来歴を簡単にご説明致しますと、高倉学寮(後の大谷大学)での学問が興隆になるにつれ、この相伝は埋もれてしまいましたが、堺市にある真宗寺の足利演正住職が昭和11年頃からその収集を行い、「相承学園」という研究会を発足されたことが発端となったそうです。この書物の第一巻月報には足利住職執筆による本書の沿革が記されております。
なお残念ながら現在新本では入手不能ですが、方丈堂よりDVD-ROM版が発売されております。弊店ではどちらの版も買取させて頂いておりますので、ご用命の際にはぜひお気軽にご相談下さいませ。


詳しくは、
古書店三月兎之杜の仏教書買取の相談ページを是非御覧ください。

メールでのご相談は、こちらのWEB買取ご相談フォームより
写真を送るだけのラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

籐でつくる小物とバッグ
2017年~2020年にデアゴスティーニから刊行されました『隔週刊 籐でつくる小物とバッグ』未開封版を 全75号揃を着払宅配買取でお売り頂きました。どうも有難うございました。
このようなハンドメイド物は、「全部揃えた後でじっくり作る」という方も多いかと思います。
しかし、時間がなかったり、場所をとったりと、様々な理由で購入されたままの方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。
もしご売却の際にはぜひ一度古書店三月兎之杜へご相談下さい。


古書店三月兎之杜では、デアゴスティーニの各シリーズを買取しております。
詳しくは是非、古書店三月兎之杜のデアゴスティーニ買取ページをご覧ください。

・じっくりメールでのご相談は、こちらのWEBご相談フォームより 
・スマホで写真を送るだけ!簡単なLINEでのご相談はらくらくLINE査定ページも便利です。
・電話でのご相談は、担当直通のフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。 
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

樹脂粘土でつくる ミニチュアフード
2019年2月-2021年6月の間に刊行され、全120巻で刊行のアシェット『樹脂粘土でつくる ミニチュアフード』を古書店三月兎之杜では買取しております。
ミニチュアフードにつきましては、ここ数年流行っており、このお店作り以外にも、たとえばアクセサリ等にする方もいらっしゃいます。実際「日本ミニチュアフード協会」も設立され、サイトには作家さんの紹介もありますし、ネットで展開しているハンドメイドの通販サイトも盛況の様です。
元々日本には「豆本」という前例がありますから、本以外のアイテムの”かわいい”ミニチュア化が私たちの心を捉えるのも当然かもしれませんね。

*************
ある程度の冊数で売却をご予定でしたら、ぜひ古書店三月兎之杜へご相談下さいませ。
また定期購読者の方には製作に必要な道具類やディスプレイ用アイテムもつきますし、プレミアム定期購読の方にはブーランジェリーディスプレイ棚もセットとなりますので、もし該当の方がいらっしゃいましたら、その旨もお申し付け下さい。


詳しくは、古書店三月兎之杜のアシェット買取のページをご覧ください。
じっくりメールでのご相談は、WEBサイトからお問い合わせフォームより、
お手軽なLINEでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページよりお申し込み下さい。
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

さすら
機関誌『さすら』を25冊(創刊-第151号合冊)をお売り頂きました。貴重なご本を有難うございました。
故・金井南龍先生は大正6年生まれ、平成元年没。神道から易、四柱推命などに精通。昭和45年から主催された会が、この「神理研究会」になります。
小職が初めて金井先生を知ったのは、昭和55年に徳間書店発行から刊行された『神々の黙示録』が最初でした。これは昭和51年に『さすら』誌に掲載された座談会を纏めた一冊で、後に八幡書店を創業した武田氏が司会を務めております。ちなみに表紙の絵は金井先生が描いたものです。
金井南龍
初めて読んだ時には、その話の破天荒ぶりに色々驚愕した記憶があります。『さすら』を読んで懐かしく思い出しました。


古書店三月兎之杜では古神道・霊学関係の書籍を買取しております。
古書店三月兎之杜の宗教書買取サイトをぜひご覧ください。
・メールでじっくりご相談は、こちらのWEBサイトお申し込みページより
・写真を送るだけのラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
・お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi


写真は第一書房刊行の『校訂増補 天台座主記』になります。
書名の通り、比叡山延暦寺の住職についての書物です。西暦824年に義真が初代住職の任となり、公的には明治4年まで続きました。
古本につきましては、天台宗のお寺のご住職様より、蔵書整理の一環としまして、他にも多数な貴重なご本を約300冊ほど宅配買取にてお売り頂きました。
弊店にご相談を頂きまして、どうも有難うございました。


さて、古書店三月兎之杜では仏教関係の専門書を買取させて頂いております。
事前にお見積りさせて頂きますので安心です。
詳しくは、古書店三月兎之杜の仏教書買取のページをぜひご覧下さいませ。

メールでのご相談は、こちらのWEB買取ご相談フォームよりお願い致します。
スマホから写真の添付も簡単、ラインでのご相談はらくらくLINE査定ページよりご相談下さい。
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

『中医臨床』132冊セットを宅配買取にてお譲りいただきました

先日は中国医学の雑誌『中医臨床』を132冊セットで、着払の宅配買取にてお譲りいただきました。どうも有難うございました。
1980年より発行されました『中医臨床』、今回お譲りいただきましたのは1985年から発行されました23号から2019年12月に発行された159号までの計132冊となります。

『中医臨床』の一部

(胃痛の治療、めまいの治療など、タイトルだけでもちょっと気になるものも・・・)

雑誌『中医臨床』は、「中医学」とはどんなものなのか大まかに理解し、中医による病気の診断方法を学び、臨床で実際に使用するための薬学についての知識を身に着けた後に、臨床の段階を学ぶ方向けの方針の雑誌です。中医学雑誌の翻訳の先駆けでもあります。
『中医臨床』 23号の目次
各号には1つ1つのテーマに沿った特集と、実際に中医学的治療をなさっている先生方によるインタビューが掲載されております。
この雑誌でしか読めない先生執筆の論文やインタビューなど、やはり雑誌ならではの貴重さがあります。
小職も現在は漢方薬の服薬、そして鍼灸・指圧の治療を受けており、独学で自分でも勉強しております。個人的にも大変役立たせていた雑誌でございました。
お売り頂きまして有難うございました。


古書店三月兎之杜では漢方・中国医学(中医学)、東洋医学にまつわる書籍、雑誌、資料、DVDなどの買取を行っております。
詳しくは古書店三月兎之杜の東洋医学・漢方・鍼灸の本買取ページを是非ご覧下さい。
メールでご相談頂くWEB買取ご依頼フォームや、
スマホから写真を送るだけのカンタンLINE見積も好評です。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)でもお気軽にご連絡下さい。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

SMコレクター

1973年~1980年までのSM雑誌『SMコレクター』(サン出版)誌約80冊を宅配買取にて買取させて頂きました。どうも有難うございました。
団鬼六や千草忠夫の執筆、イラストは須磨利之と、当時の盤石の布陣でした。須磨利之は緊縛も担当しておりましたが、彼が病魔で倒れたからは、豊幹一郎(濡木痴夢男たちのユニット名)が緊縛を担当したとのことです。
「SMコレクター」の創刊は1972年。この前後には『SMセレクト』『SMファン』『SMフロンティア』『SM奇譚』等があいついで創刊されました。結局『SMコレクター」は1985年5月に終刊となりましたが、13年間の長きに渡り続いた雑誌でした。そして時代は”スナイパー”、”スピリッツ”へ、サブカルとも融合し、緊縛も雑誌からAV、ショーへと時代が移った訳です。


古書店三月兎之杜ではSM雑誌を買取しております。
詳しくは、古書店三月兎之杜「SM雑誌買取のページ」をご覧下さい。
WEBご相談フォームのほか、写真を送るだけのLINE、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)でもお受けしております。
もちろん秘密厳守です。大量大歓迎!
ご遺品整理としても、ご家族様より数多くのご相談をお受けしておりますので、遠慮なくご相談下さい。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿者:usagi

清雅堂コロタイプ

写真そっくりに印刷出来る技法、コロタイプ印刷で発行された、清雅堂さんの法帖(ほうじょう)など、書道に関する古本を多数買取させて頂きました。どうも有難うございました。
東京は神田須田町にお店を構えた清雅堂さんは、大変残念ではありますが2016年末に閉店されました。
王羲之、顔真卿、趙之謙・・・、清雅堂さんの法帖は弊店でも数多く取り扱いさせて頂いております。
書道関係で蔵書をご整理の際には、いちどお気軽にご相談下さいませ。


古書店三月兎之杜では書道の拓本や専門書を積極的に買取しております。
詳しくは古書店三月兎之杜の書道買取ページを是非ご覧ください。
・メールでのご相談は、こちらのWEBお問い合わせフォームより
・写真を送るだけ、ラインでのご相談は、らくらくLINE査定ページより
・お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

M.フーコー思考集成

ミシェル・フーコー 思考集成』(筑摩書房)全10巻揃を宅配買取にてお売り頂きました。どうも有難うございました。

M.フーコーに関する現代思想、評論は多くのご依頼をいただくのですが、「思考集成」が全揃いで入荷するのはかなり久しいです。しかもすべて帯付きで状態も良く、とても嬉しく思います。

フーコーといえば『狂気の歴史』や『言葉と物』(共に新潮社)といった著作が有名ですね。私も全評論を読んではいないのですが、その2冊だけは図書館通いをしていた際に難しそうと思いながらも、ほんの興味本位で読んでみたことがあります。きっと現代思想や哲学を専門としていない方でもタイトルを見たことが有るという方は多いかと思います。

さて、フーコーの著作は簡単ではありません。難しかったのでその2冊でお腹いっぱいで、他の著作は読んだことがありませんでした。今回買取させていただき、検品がてら、ほんの触り程度だけ読んでみましたが、やっぱりスラスラは読み進められないので、今度図書館に行った時にフーコーの著作を借りて読んでみようと思います。完全に理解しきれるかはさておき。

ちなみに個人的なお話になってしまいますが、自分に合う哲学書に出会った時ってなんだか世界が広がる感じがして、ほんの少し心に余裕が持てるようになるので、理解しきれるかはさておき定期的に読むようにはしています。思考が疲弊することがほとんどですが、ちょこちょこ開拓してみるのも楽しいです。

RIMG8045_4

監修はフーコーについて国内に広く伝えた2名、仏文学者の蓮實重彥(はすみ しげひこ)氏と渡邊守章(わたなべ もりあき)氏です。あの吉本隆明氏が『言葉と物』を非常に高く評価をし、実際にフーコーと対談をしたときの(『世界認識の方法』中公文庫として刊行)通訳が蓮實重彦でした。

見解は人それぞれかと思いますが、フーコー著書自体が頭の中をそのまま書にしたような自伝的な作品であるが故に非常に難解といった印象で、お二方の著作も非常に難解なので、いやはや私がすらすら読めるはずもなかったのです。

他のフーコーに関する本を読んで前準備というか理解を広めて、またいつか挑みたいと思います。


古書店三月兎之杜では、今回の『思想集成』をはじめとしたフーコーに関する哲学、思想書を積極的に高価買取させて頂いております。
コレージュ・ド・フランスでの伝説の講義記録『講義集成』全13巻(筑摩書房)も高価買取しております。
『思想集成』『講義集成』はどちらも1冊から買取可能ですのでお気軽にご相談ください。

買取のご相談は
古書店三月兎之杜の学術書・哲学・思想書の買取ページより御覧ください。

メールでのご相談は、こちらのWEBお問い合わせフォームより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。

投稿者:usagi

隔週刊スタートレック
デアゴスティーニの隔週刊「スタートレック・スターシップコレクション」(全160号揃)を出張買い取りでお売り頂きました。どうも有難うございました。
当初は全120号完結の予定でしたが、その後に全160号まで延長が決まった人気のシリーズ、さすがスタートレックですね。
しかも、プラスティックではなく、(金属の)ダイキャストモデルが中心ですので、作りにも重厚感があります。
デアゴスティーニの分冊百科には欠かせない、冊子による解説も、このようなトイには書かせませんね。この宇宙船は**のシーンに登場した、という事が一目瞭然でわかります。
このような点も人気の秘訣なのでしょう。


古書店三月兎之杜では、デアゴスティーニの各シリーズを高価買い取りをしています。

詳しくは是非、古書店三月兎之杜デアゴスティーニ買取ページをご覧ください。

・メールでのご相談は、こちらのWEBご相談フォームより 
・スマホで写真を送るだけ!LINEでのご相談はらくらくLINE査定ページも便利です。
・電話でのご相談は、担当直通のフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。 
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi


真言宗の『引導作法の実際』(徳島自治布教団:編/東邦出版:刊)をお寺様より宅配買取でご売却頂きました。どうも有難うございました。
よく言われる「引導を渡す」という言葉にはマイナスなイメージが付き纏いますが、本来は「仏の道へ導く」という意味ですから、尊い所作となります。
(ちなみに浄土真宗には、この概念はありませんので葬儀で厳密な引導はありません)

さて、古書店三月兎之杜では宗派に関係なく、仏教関係の専門書を買取させて頂いております。
詳しくは、古書店三月兎之杜の仏教書買取のページをぜひご覧下さいませ。


メールでのご相談は、こちらのWEB買取ご相談フォームより
スマホから写真の添付も簡単、ラインでのご相談は、らくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

雑誌サブラ
グラビア雑誌『Sabra/サブラ』を170冊程買取させて頂きました。有難うございました。
『サブラ』の刊行は2000年から2010年までの約10年間、終刊後は小学館のWEBサイトでネット展開しております。
ちなみにこのWEBサイトでは何と2000年5月の創刊号から2010年2月号の終刊号までの表紙と内容をデータベースとして見ることが出来ます。これは素晴らしい試みですね。
この間のグラビアアイドルといえば、皆様はどなたを思い浮かべますか?ちなみに創刊号の表紙は奥菜恵、第2号は葉月里緒菜でした。終刊号では10年の総括として各モデルのベストショットが掲載されております。
買取につきましては、年代によって最低冊数も変わって参ります。弊店の在庫状況等もございますので、お手数ではございますが、ご売却の際には、大まかで結構ですので、年代と冊数をお知らせ下さいませ。宜しくお願いいたします。


古書店三月兎之杜では懐かしのグラビア雑誌を買取しております。
ご整理の際は、古書店三月兎之杜のアイドル雑誌買取のページをぜひ御覧ください。

・メールでのご相談は<WEBご相談フォーム>より
・スマホで写真を送るだけのカンタンLINEでのご相談ページも好評です。
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)より、担当者直通までお願い致します。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

アシェット アンドロメダ
アシェットから刊行中の『宇宙戦艦ヤマト2202 ダイキャストギミックモデルをつくる』の<延長>が決まりまして、第111号から最終の第170号まで60号の間で、ついに旗艦アンドロメダの刊行が決まりました。
どうしても主役であるヤマトの影に隠れてしまったアンドロメダですが、拡散波動砲も搭載しておりますし、その性能はヤマトを凌ぐ最新鋭艦です。そのデザインも(リアルタイムで見ていた私でも)当時はヤマトと比べて斬新に感じたものです。あらためてじっくりとフォルムを見ると、なかなかスマートで格好の良いデザインですよね。
このブログ執筆現在では今年(2021年)3月に第111号(アンドロメダとしての1巻目)刊行されたばかりですので、今後、ある程度の巻数が揃いましたら、弊店でも買取出来ると思います。もちろん「ヤマト2202」から続けての買取も大丈夫ですので、ご整理の際にはぜひ古書店三月兎之杜へご相談下さいませ。


三月兎之杜ではアシェットのシリーズを高価買取しております。
詳しくは、古書店三月兎之杜のアシェット買取のページをご覧ください。
メールでのご相談は、WEBサイトからお問い合わせフォームより、
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページよりお申し込み下さい。
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

日本色彩大鑑

・松本宗久 著
・河出書房新社
・1993年発行
・全6冊揃


・外箱に一部破れ、テープ跡有。
・帙等にシミ、小破れ等有、書籍にヤケ、シミ等有。
・見本帖に小ほつれ有。


送料
本州・四国 1,740円 九州・北海道 2,160円 沖縄 4,000
※ご注文時に「当サイトを見た」とお伝え頂けましたら送料無料です。


ご注文
古本販売目録のページよりお願い致します。

投稿者:usagi

1 / 9512345...最後 »