古書店三月兎之杜では、アシェットの週刊『パンサー戦車をつくる』全110号(予定)を買取しております。

第二次世界大戦中のドイツ陸軍の戦車「V号戦車パンター A後期型」が出来上がるシリーズで、付属冊子ではパンサーの発展記録や戦車の知識などの読み物も充実しております。ちなみに、名前のPantherの意味は「豹」。英語読みだと「パンサー」、ドイツ語読みだと「パンター」なのでどちらも一緒です。ただ、こちらはドイツ陸軍戦車なので正しくはパンターなのでしょうね。

開きそうな所は開くし、動きそうな所は動くという基本のギミックを備えています。さらに、足である履帯(キャタピラー)はハリ具合を調節できたり、実物同様にシュルツェンがボルトで着脱できたり、繊細な構造パーツも忠実に再現されていたりと、なかなかに豪華な仕上がりが期待できます。個人的には、プラモデル界では鬼門と名高いギザギザのツィンメリットコーティングの再現が美しくて素晴らしいと思いました。

ただし、ダイキャストと樹脂製なので本物の金属感や無骨さはそのままでは再現しきれません。公式ホームページの写真もかなりウェザリングされてますので、ガシガシ汚しちゃいましょう。墨入れするだけでも、とても熟れ感がでるので是非お試しください。

2018年に創刊し、最終の110号は2019月中には刊行の予定でそろそろ終盤に差し掛かってきております。古書店三月兎之杜では発刊途中の分冊百科シリーズも買取しております。

「全部揃ってから作ろうと思ったけど、気持ちが薄れてきてしまった」
「意外と場所をとって困っている」
「新しく74式戦車をつくるが出るようなので、そちらに移ろうと思う」
など様々な理由により、途中でご不要となってしまった場合は当店へご相談くださいませ。


アシェットの他にもデアゴスティーニ、イーグルモス、デルプラドの高価買取にも自信がございます。
買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。
デアゴスティーニ買取ページ
★古書店三月兎之杜のアシェット・イーグルモス・デルプラド買取ページ
価格表は日々更新しております。 

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

K2018-09-04-222AAAAA002

定本 良寛書蹟大系(草林舎)を全10巻揃いでお譲りいただき、ありがとうございます。

良寛については以前にもご紹介していますが、曹洞宗の僧であり、詩人・歌人・書家でもあります。今回は「書蹟大系」ということで、『良寛が書いた文字をまとめた本』となっています。

K2018-09-04-222AAAAA004

良寛の書は、点と線で成り立っています。「点を打つ場所がズレれば文字の命を奪う」という独特な書法で、どこか躍動感だったり、穏やかさだったり、相反する印象を同時に感じました。

良寛の周りの人間達も数々の書を残していますが、割と多い記述が「子供と手まりをしている遊んでいる」こと。托鉢の途中でも子どもたちがいれば一緒に遊んでいたそうです。しかし、彼にとって書は、高まる感情を打ち明ける手段で、そのため偉い人からの依頼は断りがちだったそうです。

前述の相反する印象とは、自由奔放で子供好き、その一方で熱い心情を持った彼の人柄と同じです。その2つは彼の中では併存するもので、如実に筆に現れていますね。

他の書家の方の書も、人柄や思想などが筆に現れているのですが、その人の事を知らないと理解が出来ないことが多々あります。調べていくうちに、合点がいってその人とその人の字を好きになっていきます。書道関係の本は奥が深くて、歴史書を読んでいるような面白さがありますね。

書道に関するご本を買い取りさせて頂いているのは勿論、仏教に関するご本も専門に買い取りさせて頂いておりますので、止むを得ず売却をお考えの方がおりましたら一度弊店までご相談ください。


古書店三月兎之杜の書道・篆刻の買取ご相談ページ

メール:お問い合わせページ
ライン:らくらくLINE査定ページ
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi

i-img640x640-1570780274bjakwa7758

スピードラーニング「通常英語コース」CDとテキスト全48巻揃と無料視聴用CD&DVD をお譲りいただきました。どうもありがとうございます。

聞き流す英語教材の中で最も有名なスピードラーニング。英語を話せるようになりたいと思ったときにまず頭に思い浮かべるという方も多いかと思います。その中の何割の方が実際に申込み、実際に話せるようになったかは定かではありませんが、英語力の向上を実感したというお声は多く聞きます。新しい言語を話せるようになるには、まず耳が慣れることが大事といいますからね。

 

確かに、イエスノーサンキューソーリーしか話せないほど英語がからっきしな私でも、アメリカに滞在したわずかな期間でなんとなく聞き取れるようになりましたし、なんとなく受け答えができるようになりました。
とはいっても注文の仕方、お会計、タクシーで行きたいところを伝える、ホテルのチェックイン・アウトなど繰り返し使う会話だけで、日常的な会話は翻訳アプリを片手に身振り手振りでやりとりをするという”英会話ができる”というレベルからは程遠いものでしたけどね。こんな私でもなんとか生活していけるもんだなぁとシミジミ思ったものです。

 

ちなみに、日本に戻ってきたら英語話せなくなりました。なぜだろうと思ったときに、「間違っていたら恥ずかしい」という気持ちが先立って口に出すことをためらってしまうことに気付きました。
アメリカでは、発音や文法が間違ってても「なんとなく伝わるだろう」とためらう気持ちはありませんでした。おおらかで優しい方ばかりでしたし、こちらもためらっている場合ではないというかなんというかそんな窮地でしたし。

スピードラーニングでは文法は後回しでとにかく耳と口をなれさせることが優先なので、私の体験と似た所があり共感できます。
ただし、周りに日本語が一切なく、道で行き交う言葉もすべて英語か中国語、たまにセブンイレブンを見つけると妙に嬉しくなってしまうようなそんな世界とは異なる状況での聞き流しなので、”覚えたい確固たる意思がある、覚えなければならない理由がある方”以外の方が継続できるかどうかは、CDの内容が楽しいとか成功体験を作っていくとかご自身でモチベーションを維持できるか次第かと思われます。大半の方は難しいでしょう・・・ちなみに私は難しいです。。。

i-img640x640-1570780274y3nlgk7758

効果が無くてもう不要になってしまった方、
マスターして不要になってしまった方、
いつかやろうと思っていたけど意欲が薄れて不要になってしまった方・・・

古書店 三月兎之杜ではスピードラーニング教材の買取を行っております。整理をご予定の方は当店へご依頼頂けますと幸いです。不揃いや書き込みが有るなどの状態でも大歓迎です。


買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。
古書店三月兎之杜の「教材」買取ページ

メールでのご相談は、お問い合わせページ
LINEでのご相談は、らくらくLINE査定ページ
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10–20時/年中無休)まで宜しくお願い致します。
皆様からのご相談心よりお待ちしております。

投稿者:usagi

 

1

アガサクリスティ著ミステリー小説(ハヤカワ文庫)をお譲りいただきました。どうも有難う御座います。

①-1~65、76~79の69冊とかなりの冊数です。元の持ち主様は無類のミステリ小説好きとあって、査定の合間にミステリ小説話が弾んでしまいました。楽しい時間を有難う御座いました。

w160927793.2

今回お譲りいただいた作品の中には以前ブログで「私の初ミステリ」とご紹介した『そして誰もいなくなった』もあり、懐かしい気持ちになりました。当時はまだ小学生でよくわからないながらにも、緊迫感とゾッとする人間の闇の部分に引き込まれました。登場人物が多くて覚えきれずに、何度もページを戻った覚えがあります。

年を取るごとにわかること、感じることもあって何回読んでも引き込まれてしまうお気に入りの一冊です。

その後エッセイを連載中の千澤のり子先生、そして竹本健治先生や横溝正史先生らの描く世界に住む一人になったかのようにのめり込んでいき、順調にミステリ小説へハマっていくのでした。

ただ、どんなに巧妙なトリックで、どんなに残忍なミステリだったとしてもアガサ・クリスティの「世の中に、本当に心の底から悪い人は、めったにいない。ただ、みんな、ちょっとおばかさんなだけなのよ。」という発言が心の隅で引っかかるんです。この言葉によって、憎まれる登場人物が愛すべき人間に見えたり、ちょっと残念に見えたり、いろんな角度から見れるようになって面白いですよね。もしかして…これもトリックなのかも?


古書三月兎之杜ではこのようなミステリー・探偵小説の買取、全集の買取を行っております。
蔵書が増えすぎて困った……といった時、是非当店をご利用ください。
◆ミステリーの買取実例と買取価格は古書店三月兎之杜のミステリ本買取のページを是非ご覧ください。
◆文庫の買取事例は古書店三月兎之杜の文庫本買取のページをご覧ください。
・メールでのご依頼は、買取のお申込みページより
・写真を送るだけのお見積もりをご希望の場合は、らくらくLINE査定ページより
・お電話からのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までよろしくお願い致します。
皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

投稿者:usagi

i-img640x640-1565861469jz1z3w105

「イングリッシュアドベンチャー」(アカデミー出版)シリーズより
 『家出のドリッピー DRIPPY-The Runaway Raindrop』(初級コース)、
 『コインの冒険 THE ADVENTURE OF A QUARTER 』(初中級コース)、
 『追跡 THE CHASE』(中級コース)、
 『ゲームの達人 MASTER OF THE GAME』(上級コース)
中学~大学・一般社会人レベルまでフルセットでお譲りいただきました。誠にありがとうございます。

お譲りいただいた内容です。
・ナレーションCD 各12枚
・NOTES & EXERCISES 各12冊
・英文テキスト 各12冊
・和訳本 各12冊(コインの冒険、追跡は欠品でした)
・課程修了プレゼントの単行本 各1冊

i-img640x640-1565861469lcc2d3105i-img640x640-1565861469wxfith105

私が若い頃…もう30年前くらいバブルの時代に少し流行ったことを覚えています。今もそうかもしれませんが、当時は英語ができるというのがカッコイイステータスのひとつでしたしね。文字通り、老若男女多くの方々に利用された英語教材です。

会員になると1年間で12章、2段階のレベル(2年間24章)の教材が定期的に送られてきます。一ヶ月4500円で、英会話スクールの月会費と同じくらい・・・いや、少し高いくらいですかね。

英語教材といっても学校の教科書のような硬い内容のテキストを開きながら聞いて覚えるリスニング教材では無く、物語小説を読みながら耳で英語を覚える教材です。シャーリーズ・セロンやジュード・ロウといった豪華声優陣も魅力の一つ。洋画を良く見る方なら聞き慣れた声なので楽しさも増えますね。

i-img640x640-1565861469hvfjra105-1

なお、今回はCD版をお譲りいただきましたが、カセット版の買取も大歓迎です。


イングリッシュ・アドベンチャーの他にも『スピードラーニング』『ディズニー英語システム』などの人気英語教材の買取も行っております。
「既に修了して、長いこと棚で眠っている」
「自分には合わなかった」
など様々な理由で整理をご検討の方は古書店 三月兎之杜へお気軽にご相談くださいませ。

買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。
古書店三月兎之杜の「教材」買取ページ

メールでのご相談は、お問い合わせページ
LINEでのご相談は、らくらくLINE査定ページ
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10–20時/年中無休)まで宜しくお願い致します。
皆様からのご相談心よりお待ちしております。

投稿者:usagi

RIMG8045_1

ミシェル・フーコー 思考集成』(筑摩書房)をお譲りいただきました。

M.フーコーに関する現代思想、評論は多くのご依頼をいただくのですが、思考集成が全揃いで入荷するのはかなり久しいです。しかもすべて帯付きで状態も良く、とても嬉しく思います。どうもありがとうございます。

フーコーといえば『狂気の歴史』や『言葉と物』(共に新潮社)といった著作が有名ですね。私も全評論を読んではいないのですが、その2冊だけは図書館通いをしていた際に難しそうと思いながらも、ほんの興味本位で読んでみたことがあります。きっと現代思想や哲学を専門としていない方でもタイトルを見たことが有るという方は多いかと思います。

さて、フーコーの著作は簡単ではありません。難しかったのでその2冊でお腹いっぱいで、他の著作は読んだことがありませんでした。今回お買取させていただき、検品がてら、ほんの触り程度だけ読んでみましたが、やっぱりスラスラは読み進められないので、今度図書館に行った時にフーコーの著作を借りて読んでみようと思います。理解しきれるかはさておき。

ちなみに個人的なお話になってしまいますが、自分に合う哲学書に出会った時ってなんだか世界が広がる感じがして、ほんの少し心に余裕が持てるようになるので、理解しきれるかはさておき定期的に読むようにはしています。思考が疲弊することがほとんどですが、ちょこちょこ開拓してみるのも楽しいです。

RIMG8045_4

監修はフーコーについて国内に広く伝えた2名、蓮實 重彥(はすみ しげひこ)氏と渡邊 守章(わたなべ もりあき)氏です。あの吉本隆明が『言葉と物』を非常に高く評価をし、実際にフーコーと対談をしたときの通訳が蓮實重彦でした。

見解は人それぞれかと思いますが、フーコー著書自体が頭の中をそのまま書にしたような自伝的な作品であるが故に非常に難解といった印象で、お二方の著作も非常に難解なので、いやはや私がすらすら読めるはずもなかったのです。

他のフーコーに関する本を読んで前準備というか理解を広めて、またいつか挑みたいと思います。

 


古書店三月兎之杜では、今回の『思想集成』をはじめとしたフーコーに関する哲学、思想書を積極的に高価買取させて頂いております。
コレージュ・ド・フランスでの伝説の講義記録『講義集成』全13巻も高価買取しております。『思想集成』『講義集成』は1冊から買取可能ですのでお気軽にご相談ください。

買取のご相談は
古書店三月兎之杜の学術書・哲学・思想書の買取ページより御覧ください。

その他の買取事例は
古書店三月兎之杜の買取事例ページより御覧ください。

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。

投稿者:usagi


古書店三月兎之杜では、週刊『ダイキャストギミックモデル 零戦五二型』(アシェット)を買取しております。

毎号にパーツが付属して組み立てていくシリーズで、出来上がるのは最強の戦闘機「零戦五二型」。映画「永遠の0」でも二一型と共に登場していました。だれもが聞いたことのある零式(れいしき)艦上戦闘機、通称ゼロ戦の派生型である五二型(ごうにいがた)は太平洋戦争の終戦まで飛び回り続けました。

当時の生産は三菱と中島飛行機で、今回出来上がる52型のお腹から尾に伸びるラインの特徴は中島製のそれ。エンジンはどちらも中島の「栄」を搭載しているところもしっかり表現されています。

完成品は、プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館が所蔵している”生きている栄エンジンを搭載した唯一の零戦52型”から実際に録音した音が連動して鳴るギミックを搭載しております。

戦闘機の機体自体は、直しながらその時の形を保ったままの状態で長い時間保管できるかもしれません。実際に元「中島飛行機」で現「SUBARU」の太田矢島工場の外にも「疾風」と「九〇式艦上戦闘機三型」が綺麗な状態で長年展示されています。太田市民の方にはおなじみですね。

しかし、レストアを続けてもエンジンの稼働まではそう長く保つことはできないと思われますので、今回搭載された”音”は大変な貴重な記録といえます。
それにしてもプレーンズ・オブ・フェイム航空博物館所蔵の零戦52型は1943年に製造されたものなので70年以上経っているのですが、現在も飛行可能な状態ってこと自体も驚きです。

こちらの週刊『ダイキャストギミックモデル 零戦五二型』は現在も刊行中で、今年2019年中に最終号100号が発売の予定となっております。なんとなく延長しそうな気がするのですが・・・どうでしょうかね。

「全部揃ってから作ろうと思ったけど、気持ちが薄れてきてしまった」
「意外と場所をとって困っている」
など様々な理由により、途中でご不要となってしまった場合は当店へご相談くださいませ。

なお、購読者特典のDVDボックスやミニチュアモデル、そして最終号についてくるディスプレイケースなどとご一緒にご依頼いただきますとさらに買取金額がUPします。ぜひ古書店三月兎之杜へご依頼くださいませ。


アシェットの他にもデアゴスティーニ、イーグルモス、デルプラドの高価買取にも自信がございます。
買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。
アシェット・イーグルモス・デルプラド買取ページ
価格表は日々更新しております。 

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi


九州の某県にお住まいの、大学をご退官されました先生より、お引越しに伴うご自宅の蔵書整理の一環として、約2,000冊以上の蔵書を宅配買取でご依頼頂きました。
どうも有難うございました。
数学書を取り扱う古本屋さんが限られているということで、数店舗にて比較をされたようです。お電話で何度かやりとりをさせて頂きまして、弊店にお決め頂きました。

-集荷につきまして-
お近くでしたら車を飛ばしてご訪問出来るのですが、残念ですが九州は遠く、申し訳有りませんが、宅配での受付とさせて頂きました次第です。
このような宅配買取の場合、まず、梱包用のダンボールを30箱ほど無料でお送りさせて頂きました。
次に、お客様に箱詰めをお願いして、クロネコヤマトさんにご自宅まで集荷に来て頂く方法で、弊店までお送り頂きました。

-送料につきまして-
もちろん送料は全額弊店負担(着払)ですのでご安心下さい。

-査定(ご評価)につきまして-
弊店では事前のお見積をさせて頂いておりますのが、この冊数となりますと、お客様でリスト化されるのも大変ですし、お写真をお送り頂く手間もあります。
そこで今回は、お客様で「これは」とお思われるご本(シリーズなども含む)を抜き出して頂き、そのお見積をご覧頂くことで、弊店の評価の感触をご判断頂きました。
弊店をご信頼頂きましたこと、感謝申し上げます。買取価格は何十万円となりまして、金額にもご満足頂けました。

※このように遠方の方でも、安心してご依頼をいただけます様、誠心誠意ご対応させていただきます。
蔵書のご整理をご検討中のお客様は、ぜひ弊店まで一度ご相談をいただけましたら幸いです。


古書店三月兎之杜では数学書・数学の古本を買取させて頂いております。

買取のご相談は古書店三月兎之杜の数学書買取ページを是非ご覧ください。

・メールでの買取依頼はこちらから可能です。
・写真を送るだけの簡単お見積もりをご希望の方はらくらくLINE査定ページから
・お電話でのご相談の場合は、フリーダイヤル:0120-996-5041020時/年中無休)まで。
・FAXは048-501-8229です。

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げております。

投稿者:usagi


古書店三月兎之杜では雑誌『写真時代』を積極的に買取させて頂いております。
森山大道、荒木経惟といった一流の写真家を配し、当時としては過激な写真を掲載した為、結局は1988年に廃刊となってしまいました。私も当時の廃刊のニュースはよく覚えております。
他にも岡崎京子や姫野カオルコなどのサブカルチャー執筆陣を抱え、赤瀬川原平のトマソンなどは『写真時代』を知らない人にも有名でしたね。
1981年から1988年まで7年間という時代でしたが、商業誌ギリギリを攻めた紙面づくりは、現在もファンの多い雑誌です。


古書店三月兎之杜では雑誌『写真時代』を買取しております。
大量大歓迎です!
詳しくは、古書店三月兎之杜のアダルト雑誌買取の頁を是非ご覧ください。
アイドル系の雑誌買取の頁はこちらです。


・宅配買取・出張買取、選択できるメールご相談ページはこちら
・写真のみで簡単お気軽にご相談できるLINE買取ページはこちら 
・お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-50410-20時/年中無休)までご連絡ください。 

折角ご収集された雑誌です。
ご処分される前に、ぜひお気軽にご相談下さいませ。

投稿者:usagi

古書店三月兎之杜では、隔週刊『必殺仕事人 DVDコレクション』全133号(デアゴスティーニ)を買取しております。

初代「必殺仕事人」(1972年)から「激突」(1991年)までとスペシャル映画を含めた、藤田まこと主演の必殺仕事人356話がDVDとなったコレクションシリーズです。

必殺仕事人と言われると、収録作品の範囲が分からないので、個人的には「中村主水コレクション」の方がわかりやすいのにな~とか思っていました。
そしたら一部界隈では「モンド・セレクション」と呼ばれているとか。ネーミングセンス秀逸ですね~。

付属のマガジンには、作品をもっと楽しめる背景や解説、人物データファイルが掲載されています。
結構DVDコレクションってDVDがメインな所がありますが、脇役にスポットが当てられて詳しく説明されていたりして面白いんですよね。
そして登場人物がとにかく多いので、しばらくすると「この人誰だっけ・・・」となりがちな私には相関図は非常にありがたいです。

2015年に創刊し、最終の133号は2020年6月の予定。そろそろ終盤に差し掛かってきております。古書店三月兎之杜では刊行途中のデアゴスティーニも買取しております。

「全部揃ってから見ようと思ったけど、気持ちが薄れてきてしまった」
「意外と場所をとって困っている」
など様々な理由により、途中でご不要となってしまった場合は当店へご相談くださいませ。


デアゴスティーニの他にもイーグルモス、デルプラド、アシェットの高価買取にも自信がございます。
買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。
デアゴスティーニ買取ページ
アシェット・イーグルモス・デルプラド買取ページ
 価格表は日々更新しております。 

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者:usagi


古書店三月兎之杜では、隔週刊『円谷プロ特撮ドラマDVDコレクション』全123号(デアゴスティーニ)を買取しております。

収録タイトルは以下の18作品です。
『ウルトラQ』
『ミラーマン』
『快獣ブースカ』
『マイティジャック』
『戦え!マイティジャック』
『怪奇大作戦』
『恐竜大戦争アイゼンボーグ』
『恐竜探検隊ボーンフリー』
『恐竜戦隊コセイドン』
『トリプルファイター』
『ミラーファイト』
『緊急指令10-4・10-10』
『ジャンボーグA』
『スターウルフ』
『ファイヤーマン』
『猿の軍団』
『レッドマン』

40~50代に絶妙に刺さる商品を発売してくるデアゴスティーニ。こちらの隔週刊『円谷プロ特撮ドラマDVDコレクション』も、まさにその年代の方が当時少年だった頃の作品ばかりが収録されております。

付属のマガジンは怪獣図鑑、メカニックカタログなどのデータベース系の他に、撮影秘話などここでしか読めない話もおさめられています。

 

テレビといえば、富裕層が持っているあこがれの電化製品でなかなか一般の家庭では購入できなかったのですが、東京オリンピックが開催されて、一般家庭へのテレビ普及率が飛躍的に上がりました。
その2年後、もう既に”テレビが有る”ことに馴染んできた頃に、円谷プロ初の特撮『ウルトラQ』が放映開始されました。立て続けに『ブースカ』『マイティジャック』『怪奇大作戦』が始まり、テレビにかじりついていたのを覚えています。

好きな怪獣はパゴスです。

ちなみに当時、裏番組の『W3』が好きだった弟とはよくチャンネル争いをしていました。しばらくしたら放送時間がズレたので、我が家に平和が戻ってきました。

こちらの隔週刊『円谷プロ特撮ドラマDVDコレクション』は現在刊行中で、最終号は2020年10月を予定しています。当店では全巻揃っていなくてもお買取しております。
「他に欲しいシリーズが発売され始めた」
「意外と場所を取って困っている」
などご不要となってしまった場合は、お気軽にご依頼ください。
「この号だけは取っておきたい」と抜けがあっても大丈夫です。


デアゴスティーニの他にもイーグルモス、デルプラド、アシェットの高価買取にも自信がございます。
買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。 
デアゴスティーニ買取ページ
アシェット・イーグルモス・デルプラド買取ページ

価格表は日々更新しております。 

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

投稿者:usagi

前回に続き、(後編)を公開致しました。リンク先よりお読み下さい!
佐賀ミステリファンクラブ例会(後編)|第23回 千澤のり子 エッセイ NEW!


-過去のエッセイも公開しております。是非ご覧下さい-

・第22回  佐賀ミステリファンクラブ例会(前編)
・第21回  私の共感性羞恥作品
・第20回  泡坂妻夫『迷蝶の島』

・第19回  お宅訪問その3・猫親戚の倉阪鬼一郎さん
・第18回 アヤツジユキト・ウェブコミュニティ
・第17回 装画と解説(画家・佐久間真人さんとの縁)

・第16回
 第五の奇書を選ぶとしたら(竹本健治さんと)
・第15回 乾くるみ リピート
・第14回 かつて住んでいた街/『憑きもどり』
・第13回 大庭健さん(倫理学者) 追悼のかわりに

・第12回 ミステリいろいろ”初めて話”
・第11回 (お宅訪問その2)竹本健治さんのお宅訪問!
・第10回 人生の最期に読む本」
・第9回 本格ミステリ好き女子(偶然の我孫子武丸先生)
・第8回 記憶の中の作家 中町信
・第7回 (お宅訪問その1)ひかわ玲子先生のお宅訪問!
・第6回 装幀・装画のこと(『本格ミステリ・ベスト10』原書房)/(羽住典子)
・第5回 『21世紀本格ミステリ映像大全』執筆のこと(羽住典子)
・第4回 「図書館」の無料放出本のこと
・第3回 「火の鳥」(手塚治虫著/角川書店版)
・第2回 「たんぽぽ館」の思い出(児童書専門書店)
・第1回 ミステリ作家 千澤のり子

投稿者:usagi

K2018-10-17-240AAAAA001

『敦煌書法叢刊(とんこうしょほうそうかん)』全29巻のうち、25巻をお譲りいただきました。ありがとうございます。

むかしむかし、フランス人探検家のポール・ペリオという者がおりまして、中国は敦煌市にある仏教遺跡「敦煌石窟」より発見された「敦煌文書」という貴重な書を買いこみ、祖国へ持ち帰りました。

・・・という語り草になっていそうな程に「敦煌文書」は歴史あるものです。

六朝の時代から唐・隋までの五世紀に渡る期間の、仏教に関する多数の経典や文献が、長いあいだ敦煌石窟の壁に封じられていました。それらは総じて敦煌文書と呼ばれています。

なぜ壁の中に?

理由は諸説ありますが、「不要になったからとりあえず壁に埋めといた」というのが有力です。なんとも気が抜けてしまいますが、仏教では断捨離という思想がありますので、その一環だったのかもしれませんね。

 

話は戻って、1900年に王円籙という僧が、壁の中から敦煌文書を発見します。そして、ポール・ペリオがその中から貴重な文献を選んで買い取り、パリへ持ち帰ってフランス国立図書館に収蔵されました。

秘蔵されていたものを二玄社が撮影し、まとめたものがこちらの『敦煌書法叢刊』です。

K2018-10-17-240AAAAA005K2018-10-17-240AAAAA006

仏教関連の貴重な内容が記されている文献ではあるのですが、見ての通り原本はボロボロですし難しい漢字ばかりでとても読めません。

訳された内容は、それはそれで出版されています。

敦煌書法叢刊の場合はどちらかというと、内容よりも「五世紀もの間の中国書道の移り変わり」がわかる文献として重宝されています。

中国書道の「生」の字を見て、研鑽を積みたいという書家さんは是非御覧ください。


古書店三月兎之杜では今回のような中国書道に関する本、その他に篆刻/印譜に関する専門書の買取を積極的に行っております。

買取事例・買取のご相談は古書店三月兎之杜の書道本買取ページをご覧になってください。

メールでの買取依頼はこちらから可能です。
写真を送るだけの簡単お見積もりをご希望の方はらくらくLINE査定ページから
お電話でのご相談の場合は、フリーダイヤル:0120-996-5041020時/年中無休)まで。

皆様からのご連絡、心よりお待ち申し上げております。

 

 

投稿者:usagi

1

『故宮宋瓷図録』(発行:学習研究所/編:国立故宮博物院)の全巻揃をお譲りいただきました。大型図録と日本語解説の別冊がセットになっています。どうもありがとうございます。

学習研究所と国立故宮博物院がタッグを組んで発行された図録は「故宮蔵瓷」「故宮清瓷図録」などいくつかあります。いずれも研究の一環で、こちら『故宮宋瓷図録』も簡単に言うと後世に残すために瓷器の研究の一環として発刊されました。

厳選された美術品が展示される台北市の国立故宮博物院のその歴史は、長い長い中国の歴史からみるとほんの最近の出来事です。
ラストエンペラー溥儀が、明清朝に皇帝が使った宮殿「紫禁城」より退去させられ、所蔵されていた美術品を公開したことからはじまりました。

そのような博物院が所蔵する325点を収録した貴重な図録です。

故宮博物院は第二次世界大戦後に台湾の台北市に移され、耐震工事や改装などを行われ現在に至ります。

RIMG0005

第一回刊行は『汝窯 官窯 鈞窯』。宋の五大名窯のうちの3つです。読み方は汝窯「じょよう」、 官窯「かんよう」、 鈞窯「きんよう」。残りの定窯(ていよう)、哥窯(かよう)も別の巻におさめられています。

5大名窯すべてを語ると長くなってしまうので・・・今回は「汝窯」についてだけ簡単にご紹介させてください。残りの4つはまた今度の機会に。

RIMG0008

汝窯とは北宋末期に宮廷用の青磁を焼いた窯で、その窯で焼いた磁器のことも指します。

絵画や詩文に長けた皇帝・徽宗が作らせた最高峰の窯で、北宋滅亡と南宋成立によってわずか30年しか稼動されず、作品は世界で90点ほどしかありません。
昔は70点と言われていたのですが、実は持っているよという人が現れたのでしょうか?新たに出土されたのでしょうか?どこにあるか不明だった窯自体が発掘されたので、一緒に出てきたのかもしれませんね。理由はなににせよ、減るよりも増えるほうがイイに決まってます。

“しめった空の色”と言われる、青みがかった薄灰色というか、灰色がかった水色というか・・・なんとも言い表せない青色としっとりとした肌ツヤが汝窯青磁の特徴です。
ちなみに図録の表紙は汝窯の色をオマージュしているのではないかと個人的には思っています。汝窯でなくても青磁器は意識してるかもしれませんね。

9_1

汝窯の中でも特に貴重なのは「水仙盆」(すいせんぼん)。69万点を展示する国立故宮博物院ですらも5点しか所蔵しておりません。恐らく、水仙を生ける為の盆だったのだろうと言われていますが、実際のところどう使われていたかは実はまだわかっていません。ちなみに、わんちゃんねこちゃんのご飯入れ説もあります。

日本ではおととしあたりに大阪の東洋陶磁美術館で水仙盆の特別展が行われていました。現在も「平常展:中国陶磁、韓国陶磁、日本陶磁、鼻煙壺」が開催され、1点だけ水仙盆が展示されています。10月14日までの開催なので、終わる前に見に行きたいと思っております。


陶磁器のご本を整理されます時は、ぜひ古書店三月兎之杜 陶芸・陶磁器買取相談ページをご覧下さい。

・メールでのご相談場合は、こちらのお問い合わせページから
・LINEでのご相談の場合は、こちらのらくらくLINE査定ページから
お電話でのご相談場合は、フリーダイヤル:0120-996-5041020時/年中無休)まで宜しくお願い致します。
皆様からのご相談心よりお待ちしております。

 

投稿者:usagi


「日本の古本屋」サイトで販売中です(クレジットカードご利用可能です)
全生社の『野口晴哉著作全集』、全10巻11冊揃。貴重な全巻揃をお譲り頂きました。
状態はヤケ、シミ、汚れあり。
書き込みはありません。
送料は「飛脚宅配便」のサイズ140(発送地:埼玉県)をご覧ください。
-------------------------------
ご希望の方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会にご検討下さいませ。

4 3 2 1

----------
古書店三月兎之杜では、野口晴哉の著作をはじめ、民間療法、東洋医学、鍼灸、指圧、漢方、中医学の古本を積極的に買取しております。
書籍(単行本)以外にも、雑誌やDVD、非売品資料など、様々なお品物を買取しております。
詳しくは、古書店三月兎之杜の東洋医学・鍼灸・漢方の本買取の頁をご覧ください。
・買取のご相談は、買取のご相談フォーム
LINEでのお申込
・またはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)

・FAX(048-501-8229)より
お気軽にご相談下さい。

投稿者:usagi

1 / 8112345...最後 »