F-14 Tomcat トムキャット
この度はF-14 Tomcat トムキャット(アシェット/全100号)をお売り頂きました。
只今の買取金額は10万円となっております(6/22時点)
その他のアシェット・イーグルモス・デル・プラドの買取価格表はこちらを御覧ください。

今回は1セットでしたので宅配での買取となりましたが、デアゴスティーニも含み沢山あって大変というご依頼もよく頂戴致します。その場合でも対応エリアでしたらご出張での買取も可能ですので、ご安心ください。(尚、宅配買取でしたら全国どこからでも送料無料でお受けしております)
F-14 Tomcat トムキャットの背表紙
こちらは2015年1月に創刊され、2016年12月に全100号として完結!…するはずでした。
というのも延長が決まり、全140号にて完結する事となったのです。デアゴスティーニの週刊マイ3Dプリンター等、分冊百科シリーズではよくある事ですね。
現時点では125号まで刊行されております。

ですが、F-14 トムキャットの本体自体は100号で完成しますので、ご安心ください。延長された101~140号の内容は空母の甲板、フィギュア等のジオラマセットとなっております。確かにここまで購入したのならば、ジオラマもつい欲しくなってしまいますよね…。
トムキャットの裏表紙
-伝説の雄猫が帰ってくる-
こう記載されている雄猫とはトムキャットの愛称です。そのトムキャットという名の由来は、主翼の動きが猫の耳の動き方に似ているという事からもきているそうです。勿論付属のマガジンにはトムキャットが誕生するまでの開発史からトムキャットの存在を脅かしたライバル機など、組み立て方だけでなく毎号1機の軍用機の紹介がされています。1機ずつに絞っているから、より濃い情報を載せる事ができるという訳ですね。


古本に強いのは当然の事ながら、古書店三月兎之杜では、このようなアシェットやプラモデル等もご一緒にお売り頂ける事が強みの内の一つでもあります。古書のみならず、弊社にはそれぞれに特化した専門の部署がございますので、合わせてお売りになりたいという場合にもお任せ下さい。勿論買取金額におきましても高価買取させて頂けるよう、日々努力しておりますので、他店様との相見積もりも大歓迎です。他店様に金額で負けているようでしたら、出来る限り買取額を上げさせて頂きますので、その際にもご相談頂けますと幸いです。

また、イーグルモス、デルプラド、デアゴスティーニの高価買取にも自信がございます。
買取価格表と買取事例はこちらの
デアゴスティーニの買取ページを御覧くださいませ。 
価格表は日々更新しております。 

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
その他の買取事例はこちらをクリック

投稿者:usagi

現代農業
○現代農業 2009年7月-2017年6月 95冊 農山漁村文化協会

こちらは毎月5日に発売されている、農業の中の様々な部分にスポットを当て、読者の悩みを解決に導いてくれる農業の専門誌です。そのテーマは害虫駆除、除草、作物、苗の効率の良い育て方の知恵など実に様々で、農家の方ならばお手元にあれば重宝するでしょう。
現代農業の背表紙
こちらがこの度お売り頂いた全冊となります。
現代農業の背表紙アップ
ご覧の通り、色々な所に焦点を当てています。
枝豆について掲載されている号もあったのですが、夏といえばビールに枝豆!など、アプローチの仕方も良いですよね。つい目で追いかけてしまいたくなります(笑)

今となっては人類に欠かすことの出来ない農業ですが、本来人類は狩猟を中心として生活していましたよね。それが一体いつからどのタイミングで農耕するようになったのでしょうか。これについては諸説あり、道具の変化からきているという説があります。尖った道具から鎌、鈍器へと武器が変わっていき、穀物を収穫できるものであったり、それを叩いて粉にするものであったりと、使用できる対象が増え、変わっていく事からもきているのかもしれませんね。

少し話は逸れますが、この頃の生活からの名残で今もそうなっているという面白い話があります。その話というのが男性と女性の考え方の違いというものに繋がっているそうです。

例えば、男性が狩猟に出ている最中、女性は住まい近辺に集まって、話しながら役割を分担してこなしていたので、会話に”共感性”を求めます。それに対して男性側は狩猟を中心としていたので「怪我をした!」「すぐに手当を!」「獲物の足が早いぞ!」「俺は反対から回り込む!」など、会話に”解決”を求めるというのです。

どうでしょう、なんとなく今でも当てはまっている気がしませんか?
他にも男性は棒状の物を手に持つと振り回したくなったり、石を手に持つと投げてみたくなったりするのは、その頃の狩猟本能が残っているからとも言われています。良いも悪いも人間の本能というものは根っからは変わっていないのでしょうね。
本の状態
この度お売り頂いた雑誌の中には、このように角を折っていたものもございましたが、切り抜きや書込み等ない限り、余程状態が劣化していなければ、あまり気にされる必要はございませんので、今回のような農業に関する本は勿論、園芸、庭園などに関する本の買取もしておりますので、もし売れるのならばとお考えの方がおりましたら、まずは一度弊店までご相談ください。

古書店三月兎之杜の専門スタッフが、次のお求めになられる方へしっかりとお引継ぎ致します。

専門書の買取価格に関しましては、
日々変動しておりますので、お手数ですが都度お問い合わせください。

農業の専門書の買取のご相談は古書店三月兎之杜の
文化・教養・趣味の買取ページより

雑誌の買取のご相談は古書店三月兎之杜の
雑誌・月刊誌の買取ページより

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
その他の買取事例はこちらをクリック

投稿者:usagi

この度はヴァン・ゴッホ全画集 全3巻(講談社)を宅配買い取りさせて頂きました。
ヴァン・ゴッホ全画集
フィンセント・ファン・ゴッホ
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ
皆様はどちらの方がしっくりきますか?

こちらも以前ベートーヴェン全集をご紹介させて頂いた時と同じく”ベートーヴェン”と”ベートーベン”のように発音からの違いがあるという事だけですが、どちらの方が正しいのか、あえて言うとすればオランダの発音からきている”フィンセント・ファン・ゴッホ”の方が近いかと思います。
ファン・ゴッホ
ファン・ゴッホの自画像はいくつもありますが、おそらくはどれかしらのものかは必ず見覚えがあるはずです。また、本来はファン・ゴッホのファンはミドルネームではないので、ゴッホと略するのは間違いなのですが、すっかりその呼び方で浸透してしまっていますね。

ファン・ゴッホにまつわる話というのも山ほどありますが、その真偽に至っては、余程の熱狂的なファンでもない限り、見極めには中々難しい所がございます。今回はその中からご紹介させて頂きますが、あくまでもこういった話も出回っているというくらいの認識で、あまり鵜呑みにせず読んで頂ければと思います。
ファン・ゴッホの自画像
それがこちら、お分かりの通り先程とは少し違うゴッホの自画像です。
どこが違うのか、耳に包帯をしていますよね。では何故包帯をしているのか。
それはファン・ゴッホが自分で耳を切り落としたからという話です。

どういう経緯でそうなったのかといいますと、ファン・ゴッホはフランスの画家であるポール・ゴーギャンと共同生活をしており、お互いを励みに切磋琢磨していたのですが、やがて互いの個性が合わずに、今まで良好であったその関係は崩れていきます。

そしてゴーギャンは町を出ることを決意し、去っていくのですが、そのゴーギャンの後を追いかけてカミソリで襲いかかろうとします。寸前で気付いたゴーギャンはファン・ゴッホの事を睨み、それにたじろんだファン・ゴッホは、そのまま家に引き返し、自分で耳を切り落としたというのです。

ただ、耳を切り落としたという理由は他にもあって、ファン・ゴッホの描いた自画像をゴーギャンに耳が変と言われたので、その場で耳を切り落とした等とも言われています。

その他の逸話では、ファン・ゴッホは生涯の内に1枚しか絵を売っていない、ファン・ゴッホが愛した禁断のお酒等、嘘か本当か難しい話もありますので、気になられた方は調べてみても面白いかと思いますよ。


美術の全集に関しましては、ネットが普及されてしまった事もあり、悲しい事に今では買い取りさせて頂くことが難しくなってしまった画集もございますが、その中でもまだまだお値段をお付けすることが出来るご本も数多くございます。古い本だけど捨てるのは忍びないという、ご本を大切にされていた皆様のお気持ちも重々承知しておりますので、まずはご相談からでもお気軽にお問合わせくださいませ。

古書店三月兎之杜の専門スタッフが、次のお求めになられる方へしっかりとお引継ぎ致します。

全集/専門書の買取価格に関しましては、
日々変動しておりますので、お手数ですが都度お問い合わせください。

美術・芸術・クラシックに関する本の買取事例や買取のご相談は、
古書店三月兎之杜の文化・教養・趣味の買取ページより

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
その他の買取事例はこちらをクリック

投稿者:usagi

フェアレディZ 240Z-L
イーグルモス 週刊フェアレディZ 240Z-L 全100号揃 ディスプレイスタンド付 未組立

この度はイーグルモス社より刊行された中でも未だ人気の高いフェアレディZをお売り頂きました。弊店でもよくご依頼を頂いているシリーズですが、買取価格につきましては、古書店三月兎之杜の買取価格表を御覧ください。

また、デアゴスティーニや模型のプラモデルもご一緒にお売り頂く事も多々ございます。古書のみならず、弊社にはそれぞれに特化した専門の部署がございますので、合わせてお売りになりたいという場合にもお任せ下さい。

それでは簡潔に「フェアレディZ」についてご紹介致しましょう。
フェアレディZ  1号
こちらは2014年1月に創刊され、2015年12月に全100号で完結致しました。表紙にも書かれている通り、国産スポーツカーの金字塔とも呼べる車ですね。

フェアレディZ  
1/8のスケール 全長51.5cm 重さ7kg超
ハンドルを動かすことによりステアリングホイールが回転し、前輪もしっかりと連動されていたり、シートは前後に可動、ドアを開けるとルームランプまでも点灯すること等など、細かいことを言えば沢山有るのですが、どの部分を見てもディティールへのこだわりを感じます。そしてその説明についてもそれぞれの冊子にしっかりと記載されております。
フェアレディZ  中身フェアレディZ  バインダー
パーツは各号このように。
勿論その冊子をファイリングできるバインダーもございます。

今でこそフェアレディ”Z”となっておりますが、初代は『Z』が付かないフェアレディという車名で1960年に発売されました。ちなみに車名の由来はブロードウェイでロングヒットをしていたミュージカル『マイ フェアレディ』の人気にあやかって付けられました。

また、初めて『フェアレディZ(S30)』として発売されたのは1969年からとなります。アメリカで販売された後に日本で生産されているので帰国子女ですね。国内仕様は当時の税制面の問題等もあり2000CCのエンジンを搭載したのですが、2400CCエンジン搭載車の要望が多く(北米使用の排気量が2400CC)、1971年に240Zが発売されました。ベースグレードの240Z、豪華使用の240Z-L、ロングノーズが特徴的な240ZGの3グレードです。

 
ありきたりな言葉ではございますが、やはり格好良いですね・・・。

古本に強いのは当然の事ながら、古書店三月兎之杜では、このようなイーグルモスやプラモデル等もご一緒にお売り頂ける事が強みの内の一つでもあります。勿論買取金額におきましても高価買取させて頂けるよう、日々努力しておりますので、他店様との相見積もりも大歓迎です。他店様に金額で負けているようでしたら、出来る限り買取額を上げさせて頂きますので、その際にもご相談頂けますと幸いです。

また、アシェット、デルプラド、デアゴスティーニの高価買取にも自信がございます。
買取価格表と買取事例はこちらのデアゴスティーニの買取ページを御覧くださいませ。 
価格表は日々更新しております。 

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
その他の買取事例はこちらをクリック

投稿者:usagi

旅猫リポート
本当は単行本版が欲しかったのですが・・・すぐに読みたかった私は我慢できずに文庫版を購入してしまいました。最近中々ゆっくりと読書する時間が取れていなかったのですが、ツイッターのフォロワーさんから教えていただいた旅猫リポートを一気に読み終えました!(おすすめがあるよ!というお優しい方がおりましたら、是非ツイッターから教えていただけると嬉しいです!)読み終えたら感想を書いていきます!

感想はネタバレを大いに含みますので、ご注意ください。
旅猫リポート 裏表紙
あらすじとしては、このようになっております。
私はネタバレを読んでしまってからだと楽しめないので、大体はあらすじを少し読んでから決めます。

猫目線でも語られていくお話なのですが、それがまた引き込まれていくんですよ。そしてまず読み終えた感想なんですが…もうどこからなんと言ってよいのか…。とにかく色々な箇所で泣けてしまいます…。

宮脇悟(みやわき さとる)
猫のナナ

この一人と一匹の旅(リポート)が全7章で語られていて、あらすじにある通り、悟のとある事情で飼えなくなったナナの貰い手を探しにいくという旅なわけですが、その事情について尋ねられると、悟はきまってばつが悪そうにします。

探しに行くとはいっても悟の昔の友人であり、勿論事前に連絡を取ってあるのですが、その友人関係が深くてまた…旅が進むにつれて私は悟が好きになっていきましたね。私も悟みたいな人間になりたかったという高校の頃の友達、スギという人物も貰い手候補として出てくるのですが、彼の気持ちにも共感できました。

そして何といっても猫のナナ。
旅の最初の頃は、別にまた一緒に住む前の状態に戻るだけだ。
野良であった僕にはどうということはない。僕は何も失っていない。ナナって名前と、サトルと暮らした5年を得ただけだ。だからそんな困った顔すんなよ。

こういうスタンスで、人間と同じように語っていく、猫でありながらも自分をしっかりと持っている猫です。

私も初めは別れることには強いクールなタイプの猫なのかなと思っていたのですが、そんなことない事が読みながら段々と分かっていきます。それがまた辛い。

結局毎度何らかの理由によってナナを引き取ってもらえない、というよりは、相手が飼っても良いといっているのに悟の判断により、これじゃあナナを引き取ってもらうのは無理そうだね、と連れて帰り、次の友人の元へと移動するのですが、その時の帰りの車の中での悟とナナの嬉しそうな態度っていったら…『良かった、これでまだサトルと一緒に旅ができる』ナナはもう、はなから貰われる気がなかったんですよね。

なんとか貰われないようにナナもナナなりに行動を起こしているし、悟に吠えてくる犬に対しても、僕の悟に手を出したらただじゃ済まさないぞ!と物凄い剣幕で守ろうとしたり。

極めつけは悟がナナを飼えなくなった理由。
これについては私も最初から一体どんな理由なのか考えながら読んでいましたが、結局ある章までは分かりませんでした。この理由については、まんまとやられました。何故分からなかったのか正直悔しかったのですが、分かった時には鳥肌が立ってしまいました。

その理由が分かる時というのは、貰い手候補者の友人宅でナナとその友人の飼い犬が話している(言い合いをしている)時なんですが、この時のナナの台詞『僕は黙れと言ったんだ!』

もう一気に涙がブワっ!となりました(笑)
飼えなくなった理由についてもナナは最初から分かっていたんですよね。そして途中からではなく、ナナ自身も元から、悟と出会った頃から、悟の事が大好きで大好きで仕方なかったんです。

この二人の相思相愛ぶりにも何度泣かされたか(笑)
悟のような素晴らしい人と出会えたナナも、ナナのような素晴らしい猫に出会えた悟も、本当に良かった。もう猫を見る目が完璧に変わってしまいました。最後も当然(;ω;)ブワッ
親猫です子猫です
そして近くの倉庫に子猫と親猫がいたという。
可愛かった。

本当はもっともっと感想を話したいのですが、キリがなくなってしまいそうなので、ここまでにします。今回教えてくれたフォロワーさん、本当にありがとうございました。この旅猫リポート、2018年に映画化される事が決まっているんですよね!絶対観に行きたいと思います!

宜しければ、こちらからフォローお願いします!
貴方のおすすめの本も是非ご一緒にお教えください!

投稿者:usagi

雑誌 「MUSIC LIFE ミュージック・ライフ」

1966年1月号~12月号
1967年1月号~12月号
その他1966年~1974年の音楽雑誌を宅配買取にてお売り頂きました。
ビートルズ表紙
1960年代といえば、世界的に有名なロックバンド『ビートルズ』が活動していた年代です。
なので、1966年1967年のMUSIC LIFEにはビートルズの事が沢山のっています。
 
ビートルズは、
ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
ジョージ・ハリスン
リンゴ・スター
の4人組ですが、ビートルズと称するまでに複数のメンバーが入れ替わっており、
ビートルズと称してから在籍したメンバーは通算6名います。
 
ご存知の方も多いと思いますが、
日本にビートルズが来日したのは、1966年6月29日。
日本武道館で初めてロック・コンサートを行ったバンドです。
そしてビートルズは1966年7月3日に日本を飛び立ち、
それ以来、ビートルズとしての4人では二度と来日をすることはなかったそうです。
ビートルズビートルズ
ビートルズの楽曲はCMなどでもよく使われているので、
昔からビートルズがお好きな方はもちろん、
若い方々にも幅広い年代の方が今でも聴いていると思います。
私が学生の頃、音楽の授業の教科書に「Hey Jude」が載っていたのを覚えています。
流石は世界に愛された伝説のバンド。
沢山の方に今もなお愛されておりますね。
ミュージックライフ
悲しいことに買い取れる雑誌というのも少なくなってきてしまってはおりますが、まだ可能な雑誌というのもございますので、ご処分される前に一度弊店までご相談頂けますと幸いです。

ご相談は
古書店三月兎之杜の雑誌買取・月刊誌買取ページより

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
その他の買取事例はこちらをクリック

投稿者:usagi

埼玉県羽生市にある古書店三月兎之杜では地元埼玉は勿論、東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県・・・と関東近郊に無料でご出張させて頂いております。
今回は古書店三月兎之杜への出張買取のご依頼で、よくあるご質問や、弊店のこだわりをご紹介させて頂きます。
はじめてご依頼される方は、相手の業者の素性がわからず、不安なものです。少しでもご依頼者様の不安が解消されれば、とても嬉しく思います。


Q. 出張に来てくれる?幾らで買える?

A. お写真があるとお早いです!

・どのような本があるのかわからない・・・
・いったい何冊あるのか数えられない・・・
・多様な本があって、一口では説明できない・・・
・遠方なので本当に来てくれるの?・・・

このようなときは、お写真をお送り頂けますと、迅速にご回答することが出来ます。

これは弊店の倉庫内の書棚をスマホで撮ってみました。
このように全体のお写真と・・・

個々に書名がわかる写真を頂ければ、出張の可否、及び、可能でしたら概算のお見積まで可能です。
買取フォームメールの他に、LINEでもお受け出来ますので、スマホで写メをお撮り頂いて、そのままお送り頂いてOKです。
昔ながらにフィルムカメラでお撮り頂き、お写真を郵送で送って頂いても構いません。


Q. 本が実家の為、写真が送れません・・・

A. どのような方でしたか、教えてください。

たとえば、

・高校の古典の先生だった・・・
・陶芸が趣味で、陶芸や陶磁器の本が大量にある・・・
・ミステリー好きで、部屋いっぱいに本がある・・・

このように、できるだけ、情報をお知らせ頂ければ、弊店からもご案内しやすくなります。
買取フォームメールLINE の他に、フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)、ツイッターのDMでもお受けしておます。お気軽に!


Twitter ID:@oldbooks_usagi 
古本屋の日常をつぶやき中!是非フォローもお願いします。


 

 ※こだわり<ダンボール箱&秘密厳守>


R5282708_R 
R5282709_R

弊店では、ご本の運び出しに、リサイクル用のダンボール箱、通称”玉ねぎ”を使用しております。
古本屋さんの搬出というと、紐で本をぐるぐる縛り、軽トラックにドンドン投げ込むというイメージがありませんか?
これは業者市の名残なのです。ただ、このようにすると、ご本の角が確実にイタミます。特に全集などの函本は、まずツブレます。
その為、弊店では、ご本を丁寧に運ぶために、あえて”玉ねぎ”を使用しております。
そして一度に運べる本の数も多い上、階段もおろしやすく、お客様をお待たせする時間が短縮出来ます。
もちろん運び出しは全て弊店で行いますので、お客様でご準備頂いたり、お手伝い頂くことはありませんのでご安心下さい。

もうひとつのこだわりとして、弊店の車(ハイエース)には、店名記載がありません。
これは、ご依頼者様が「本の売却の事実をご近所に知られたくない」というお申し出が結構多い為です。
理由は色々ある様です。例えば、とある宗派から脱退する、趣味の芸能雑誌が大量にあって捨てづらい、同業者で閉店するので知られたくない・・・etc
ですから弊店では車に社名は一切入れません。そして上記の”玉ねぎ”ダンボールでフタをすれば、ご近所に「本を運んでいる」と知られることも、まずありません。
まさに一石二鳥です。


※副店長がご訪問致します!


年齢こそ若く見えますが、今時の若者に珍しく、古書業界一筋!はっきり言って、神田神保町や老舗の古書店の2代目には負けません。
親切丁寧なご対応で、ご指名のリピーター様も多数。頼れる弊店の副店長です(店長談)
「日本全国歩かぬところ無しの心意気で、皆様とお会い出来ることを楽しみにしております」(近藤:談)

 


如何でしたでしょうか?
今回は、出張買い取りのご依頼にあたり、ご質問が多い点を1つ、まとめてみました。
他にもご不明点など色々おありでしたら、是非下記までお気軽にご相談下さい。

---
古書店三月兎之杜は埼玉県内で古本古書を無料で出張致します。

ご相談は、
古書店三月兎之杜のWEBサイト
買取りフォーム
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
LINE
こちらよりお気軽にご相談ください。

 
<出張買取のご相談は上記バナーをクリックお願い致します!>

投稿者:usagi

日本の名随筆です
この度は、弊店でもメールからと同じくらいお問い合わせを頂く、ライン査定からのお見積もりのご相談でした。お写真をお送り頂くだけで事前のお見積もりが可能ですので、宜しければ皆様もご活用頂けますと幸いです。

そして今回お見積もりをご希望だったご本、それが『日本の名随筆』です。
今回はこちらの名随筆についてご紹介していきたいと思います。
日本の名随筆の別巻 裏表紙
本巻だけでも全100冊、別巻を含むと全175冊ございまして、全冊すべてお持ちというケースは中々お珍しいのですが、この度は完全揃いの状態で買い取りさせて頂きました。こちらは別巻の裏表紙になりまして、一部の巻の収録されている著者だけを見てみても有名どころな作家にすぐ目がいきますね。さすが日本の”名”随筆。

そして皆様は、まずどなたの名前が目に留まったでしょうか。
おそらく三島由紀夫吉行淳之介が一般的にすぐ目に付くのではないかなと思います。
ちなみに随筆とは、簡単にいえば感想、その考えをまとめた文章の事です。
収録作品総索引
それぞれに総索引が付いておりますので、1巻から順番に読んでもいいのですが、読みたい作品から探して読んでもよしです。試しに索引から探してみましょう。
日本の名随筆 別巻 総索引内容
私は別巻の総索引から「呉清源」を探して読んでみました。
呉清源は囲碁の棋士として名を馳せており、囲碁大系など囲碁に関するご本をお売り頂く際には必ず目にします。呉清源全集もそうですが、本因坊道策の道策全集も有名ですね。

日本の名随筆 別巻日本の名随筆 別巻 表紙
掲載されているのがこちらの別巻の第1巻。
表紙からして既にお分かりかと思いますが、こちらの巻には囲碁に関する話がまとめられており、有名棋士の随筆を読むことが出来ます。

この中の呉清源氏の談に、このような事が書かれています。

「よく人から棋道の上達法、研究方針を質問されますが、私は碁の修行には二つの途があり、それを併用してこそ、初めて優曇華の花が咲くと信じております。その二途とは、第一が手段の研究、第二が精神(こころ)の修行であります。」

素晴らしい人物というのは出てくる言葉も素晴らしいですね。私も見習いたいものです。
上手な人に上達法やコツを聞いてみるというのもやはり上手くなっていく方法の内の一つですが、ただ聞いてみるだけでは身になりません。聞く前に自分なりにも考えてみたのか、その話をどう生かすのか、考え方や取り組む姿勢、過程が大事だと私は思うのです。呉清源氏もまた大名人を目指し、常に精進を続けておりました。

第一の手段の研究は、誰かに言われるまでもなく、その道を目指す人が最初に行う事だとは思いますが、これに併せて精神の修行というのが大切であると私も読みながらにして感じました。

これもまた呉清源氏はこのように例えております。
「精神の修行、これを鏡に例えて見ますと、手段の研究が表面の埃を拭き取る工作だったのに比して、これは鏡を奥底から、真底から光らせる作業なのであります。」

それをやってのけてきた呉清源氏からだからこそ、その言葉に重みがあると思います。優曇華の花というのも想像上の中だけの植物であり、それがいつか花咲くというのは極めて珍しい事であるという意味の言い回しからきています。蕾がいつか花開くという言葉とは別の達成感が込められた言い方ですよね。
日本の名随筆 別巻
今回は囲碁に焦点を合わせてご紹介させて頂きましたが、囲碁に限らず様々な文学作品の思想を読み解く事が出来、ご自身の観念を改めさせられる内容となっておりますので、興味がございましたら一度手に取って頂ければと思います。


日本文学全集や世界文学全集など、悲しい事に今では買い取りさせて頂くことが難しくなってしまった文学全集もございますが、その中でもまだまだお値段をお付けすることが出来るご本も数多くございます。古い本だけど捨てるのは忍びないという、ご本を大切にされていた皆様のお気持ちも重々承知しておりますので、まずはご相談からでもお気軽にお問合わせくださいませ。

古書店三月兎之杜の専門スタッフが、次のお求めになられる方へしっかりとお引継ぎ致します。

全集/専門書の買取価格に関しましては、
日々変動しておりますので、お手数ですが都度お問い合わせください。

囲碁・将棋の本の買取事例や買取のご相談は、
古書店三月兎之杜の囲碁・将棋買取ページより

全集の買取事例や買取のご相談は、
古書店三月兎之杜の全集の買取ページより
 
メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
その他の買取事例はこちらをクリック

投稿者:usagi

放哉全集 全3巻
放哉全集 全3巻揃 筑摩書房 月報揃 2001年発行
この度は、全集としては珍しく冊数の少ない全3冊でまとめられている放哉全集をお売り頂きました。

尾崎放哉(おざき ほうさい)は、明治から大正にかけて活躍していた偉大な俳人の一人です。他にも種田山頭火、正岡子規、小林一茶らは言うまでもなく知られておりますが、実は夏目漱石も数々の俳句を残しております。小説ばかりが広まっているため、あまり知られていないかもしれませんね。

「鳴くならば 満月になけ ほととぎす」
こちらが漱石の句になりまして、季語は時鳥、季節は夏です。
正岡子規と漱石は親友だったのですが、漱石から子規に向けて大学の卒業を薦めている意味合いの句となります。時鳥を子規に当てはめているのですが、子規と漱石の関係性を話すには中々語りつくせない部分でもあるので、それはまたの機会と致しましょう。
放哉全集  1巻 筑摩書房
話が放哉から逸れましたが、こちらの1巻が句集、2巻が書簡集、3巻が随想となっております。
放哉についてご説明する前に、まずはいくつか私が特に気なった句からご覧頂きましょう。

「節分の豆をだまつてたべて居る」
「こんなよい月を一人で見て寝る」
「すばらしい乳房だ蚊が居る」

どうでしょうか、思わず何言ってんの!?と、ツッコミたくなりませんか(笑)
そして俳句なのに語呂が合わないと感じている事かと思います。

放哉が得意としていたのは、このような句の”自由律俳句”というものなんですよ。その名の通り、通常の五七五の定型や季題に縛られる事なく、自由に詠めるというのが特徴的で、尚且つ放哉の独特なユーモア溢れた俳句が私は好きなんですよね。クスリとしてしまいます。
放哉全集 の内容
時代別に放哉の句が掲載されています。
ちなみに下の方に書いてある『ホトトギス』というのは、先程も少しお話した子規の創刊した俳句雑誌の事です。

そして先程とはまた違うのがこちらの句。
「咳をしても一人」

おそらくは放哉の中で一番有名な句でしょう。
この句一つでなんとも言い表しがたい孤独感が詰まっています。

死が直前まで迫っている中、咳をしても心配される事はおろか、周りには誰も居ないという・・・。この句の感じ方をただの孤独感を感じるだけで終える方、その咳を一人で聞いて、なんとなくおかしく感じてしまって、というような放哉の心情を感じ取りユーモアに捉える方、貴方はどちらでしょうか。

それ故にこの句だけで世間の心を掴んだのかもしれませんね。
放哉全集の状態
古書店三月兎之杜では、このような全集から、俳句に関するご本は勿論、様々な分野の古本、専門書の買い取りを積極的に行っております。皆様の大切にされていたご本は次のお求めになられる方へとしっかりお引継ぎ致しますので、整理等で止む無く売却をお考えの方がおりましたら、是非一度弊店までご相談ください。


全集/専門書の買取価格に関しましては、
日々変動しておりますので、お手数ですが都度お問い合わせください。

全集の買取事例や買取のご相談は、
古書店三月兎之杜の全集の買取ページより
 
メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
その他の買取事例はこちらをクリック

投稿者:usagi

初めてのお客様限定宅配買取キャンペーン
宅配買い取りご利用
初めてのお客様限定キャンペーンを実施中です!!

今年もいよいよ夏本番に突入します。
お盆へ向かうにあたり、帰省やご整理をされる方も多い事と思います。

そこで今回のキャンペーンは、ご新規様向け全国送料無料の宅配買取限定キャンペーンを実施致します。お盆休みをカレンダー通りにお休み出来ない方も、8月末まで実施しておりますので、この機会に是非当店をご活用ください。皆様からのご相談を心よりお待ちしております。


  1  【初めての宅配買取のお客様が対象です】
 
※ご依頼の受付の際に必ず『キャンペーンを見た』と一言お伝えください。
 お電話でのご依頼の場合には口頭で
 メールからのご依頼の場合には本文に
 キャンペーンを見た事をお伝えくださいますようお願い致します。
 受付の際に伝えていない場合には適用外となります。

 
※本キャンペーン中、お一人様一回迄の適用です。

 
 
  2   キャンペーン期間
     2017年6月1日~8月31日迄

 
 
 
  3  【キャンペーン内容】
 
初めての宅配買取のお客様を対象に、買取金額をアップ致します。

1万円→ 1,000円UP!
3万円→ 3,000円UP!
5万円以上→ 5,000円UP!

 
■ケース1
査定の結果、買取額が15,000
円だった場合・・・
買取金額を1,000円UP!

買取総額16,000円にさせていただきます。
 
■ケース2
査定の結果、買取額が38,000円だった場合・・・
買取金額を3,000円UP!

買取総額41,000円にさせていただきます。

買取額が5万円以上となった場合には最大5,000円UP!
 

投稿者:usagi

1 / 8712345...最後 »