昔の女性ファッション誌を買取(アンアン・ノンノ 1970年代~)

non-no
an・an
・an・an 1970~1990年まで増刊号含む41冊
・non-no 1971~1983年まで創刊号含む21冊

an・anもnon-noもこの年代に創刊されました。
女性ファッション誌に限らず、様々な雑誌の中でも特にお値段がついてくる年代が1960~80年代になってきます。
更には創刊号から揃ってお持ちとなれば、希少価値も更に上がります。


non-no non-no
non-no 創刊号 1971年6月20日
こちらがnon-noの創刊号になります。
non-noという雑誌名の由来は、アイヌ語の『花』という言葉からきています。

an・an
an・an
ちなみに、今回はなくて残念ではございましたが、an・anは、1970年3月20日が創刊号となっております。
こちらは、創刊された年の10月5日の物です。
an・anの雑誌名の由来は、モスクワの動物園にいたパンダの名前の『アンアン』からきています。
そして、そもそものan・anの始まりは、平凡パンチ(女性版)からでした。

平凡パンチの女性版は、つい先日弊店でも買い取りさせて頂いたばかりですので、
宜しければこちらのページも併せてお読みください。
an・an
少し平凡パンチ(女性版)の名残が残っている気もします。

お値段が付いてくる年代は1960~80年代の物が多いとは申し上げましたが、”多い”というだけで、
他の年代が付かない訳ではございませんので、どうかご注意ください。

例えば、女性のファッション誌で言いますと、現状ではCUTiE(キューティ)は1990年代の物にお値段が付いてまいりますし、KERA!(ケラ)は1990年代後半から2000年代前半の物にお値段が付いてまいります。 

このように、思わぬご本にお値段が付いてくるといったケースも沢山ございますので、価値が分からないから等と諦めずに是非、古書店三月兎之杜までご相談くださいませ。

少しでも気になられましたら、
古書店三月兎之杜雑誌・専門誌買取相談ページまで

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

よろしければシェアお願いします