雑誌『Momoco/モモコ』買取のお知らせ(80年代アイドル雑誌)

Momoco 全部

80年代アイドル雑誌『Momoco』(学研/86年~89年+特別編集 35冊)をお譲りいただいたのでご紹介いたします。

現在でもオカルト雑誌『ムー』や『メガミマガジン』を発行しております学研が出版しておりましたアイドル雑誌が『Momoco』です。雑誌名から分かる通り、当時新人アイドルであった菊池桃子さんをイメージガールに据えて創刊号の表紙も担当させそこから本格デビューとして売り出していくという形で雑誌が始まっています。当時どれだけアイドルという存在がパワーを持っていたかを感じるスタートですね。読者投稿ページのタイトルが「童貞物語」であったりと、今から見るとアイドル雑誌でそれは大丈夫なのかなと思ってしまう一面もありますね。現在でもエッジの効いてる記事ばっかりが載ってる『ムー』を発行している学研ですから驚きはしませんが。

Momoco 表紙

そして『Momoco』といえば「モモコクラブ」という古今東西の美少女を発掘するコーナーが存在していました。これが本当に可愛い子ばっかり発掘してくるので読む度に編集部の観察眼と発掘力に感服してました。有名どころであれば工藤静香さんや雛形あきこさんもそうでした。コーナーに紹介された子には桃組出席番号が割り当てられていたのでそこまでセットで必死に覚えていました。思えばおニャン子もそうでしたね。ガンダムの型番とかもそうですが、番号までセットで覚えると何故か普通に覚えるよりずっと長く記憶できているような気がします。ガンダムといえばΖで後期オープニングを歌っている森口博子さんもこのモモコクラブの出身なんですよ。水の星に愛をこめては、曲の版権問題等で度々オープニングや外部露出で曲を変更されがちなΖで数少ないそのまま利用できる曲なので、もっと聴く機会を増やしてほしいんですけどねぇ。最近でもΖの話をしてくれたりとご健在のようで頑張ってほしいです。話が逸れましたが、『Momoco』は現在もご活躍されている方の初々しい新人時代の写真が載っていることも多いので今でもバックナンバーは巻によっては高い値が付いたりすることも多いですね。ぱっと見の表紙だけでも知っている名前が多いんじゃないでしょうか。

Momoco 表紙2

80年代に学研が出していたアイドル雑誌『Momoco』のご紹介でした。


三月兎之杜では80年代アイドル雑誌の買取を強化しております。前回の昭和アイドル雑誌の買取のご紹介はこちらから
なにか気になる雑誌がご自宅から発掘された際、まずはお気軽に当店にご相談ください。
古書店三月兎之杜の雑誌買取のページはこちらになります。

宅配買取・出張買取、選択できるタイプのメールご相談ページはこちら
写真のみで簡単お気軽にご相談できるラインページはこちら
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-50410-20時/年中無休)までご連絡ください。
ご相談心よりお待ちしております。宜しくお願い致します。

よろしければシェアお願いします