高麗茶碗 全5巻揃 中央公論社を宅配買い取りさせて頂きました。

高麗茶碗 全5巻

高麗茶碗 全5巻揃 中央公論社を宅配買い取りさせて頂きました。

高麗茶碗

ここで高麗茶碗について少しお話させていただきます。
高麗茶碗(こうらいちゃわん)は、16世紀半ば頃(日本では室町時代後期、安土桃山時代)から、日本の茶道で用いられた茶碗の分類の一つで、朝鮮半島で焼かれた日常雑器を日本の茶人が賞玩し茶器に見立てたものです。高麗茶碗の「高麗」とは「朝鮮渡来」の意であり、「高麗茶碗」と称されるもののほとんどは高麗時代ではなく、朝鮮王朝時代の製品でした。

高麗茶碗を日本の茶道ではさまざまに分類をしていて、15 ~16世紀の朝鮮王朝時代の日常雑器だったものと、日本からの注文で作られたものがあります。
また、朝鮮には日本のような茶道の風習はなく、茶碗と言ってもそれは日本での呼び方に過ぎないので、19世紀(日本では江戸時代の後期から明治時代)に訪れた外国人は朝鮮に喫茶の風習がほとんどなく、有力者が中国産の茶を僅かに飲む程度であったと口をそろえて書き残しており、いくつかは「韓定食」でみられるような小ぶりの食器であったり、酢注ぎのような調味料入れの小鉢だったとみられるものが多かったそうです。

高麗茶碗高麗茶碗

古書店三月兎之杜では、このような陶磁器に関する書籍、古本の買取のご依頼をお待ちしております。またご一緒に関連書籍をお売りになりたいという方も専門の弊店に是非お任せください。

少しでも気になられましたら、
古書店三月兎之杜 陶芸・陶磁器買取相談ページまで

皆様のご相談を心よりお待ちしております。

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

↓↓その他の買取事例はこちら↓↓

 

よろしければシェアお願いします