書道の本を買取「日本書学大系 同朋舎 全49冊」をお売り頂きました。

日本書学大系 同朋舎 全49冊
日本書学大系 宅配買取
日本書学大系  同朋舎 本篇39冊 研究編10冊 全49冊を宅配にてお譲り頂きました。
この度は日本書学でしたが、日本に限っていない書学大系全85巻(89冊)揃 碑法帖篇1期2期,研究篇 同朋舎というものもございます。

日本書学大系 装丁
日本書学大系 和綴
日本書学大系 中
日本書学大系 内容
日本書学大系 内容2
どのような内容か簡潔に申しますと、書法について解説されているものになります。
勿論それだけではなく、書道史、美術史、時代思潮等も考察されており、書を嗜んでいる方にとって、大変有用です。

日本では、終戦まで書道を漢字・かな・篆刻の三つに分け、一般的には男性が「漢字」を習い、女性は「かな」を習っていました。この頃書道は、いつも実用の為に使われてきました。ところが、終戦を境にして、書は芸術的なものへと発展し、新しい書の表現方法が幾つも誕生するようになったのです。

また「かな」は、日本の文化史上の偉大な”発明”であるとも言われています。
何故”発明”なのかということに関しても考察されておりますので、お手本としてだけでなく、書についてから学びたいという方にも、是非読んで頂きたい内容です。

ちなみに「日本書学大系」にも使われている書学という語は、書の形式を集成したものであり、中国では書道という言葉を使わず、書学という言葉が使われています。

書法だけに限らず、このような部分がある事からも、未だにお求めになられる方がいなくならない訳が頷けますね。

買取のご相談は、古書店三月兎之杜の書道の本買取のページよりご相談下さい。
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)でも結構です。
どうぞ、宜しくお願い致します。

↓↓その他の買取事例はこちら↓↓
古書店三月兎之杜の最新買取事例紹介

 

よろしければシェアお願いします