買取情報|『国宝 真草千字文』( 便利堂/同朋舎)


『国宝 真草千字文(しんそうせんじもん)』は、隋の時代、王羲之の家系にあたる智永が記したお手本ですね。”千字文”といえば、この書が一番有名かもしれません。
ご存じの通り、”真草”とは真書(楷書)と草書を表し、”千字文”とは合計で1000文字となる漢詩の短句からなり、かつ1000の文字が全て異なった文字が使用されているという、とてつもないお手本です。
そして
本書物は便利堂/同朋舎からの発売となり、各出版社からも発行されております。ちなみに口語訳は岩波文庫からも出版されております。意味を理解するには、この文庫版も必携でしょう。
今回お譲り頂きましてどうも有難うございました。


↓書道本・書道書の買取のお申込みはこちら↓↓
古書店三月兎之杜の書道の本買取ご相談ページより御覧ください。

メールでのご依頼は、買取のお申込みページより
写真を送るだけのお見積もりをご希望の場合は、らくらくLINE査定ページより
お電話からのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

よろしければシェアお願いします