『マルクス=エンゲルス全集』を買取(大月書店版/全54巻揃)

マルクスエンゲルス全集

『マルクス=エンゲルス全集』(モールと将軍含む全54冊揃/大月書店)は弊店でも何度も買取させて頂いております。

『マルクス=エンゲルス全集』、通称『マルエン全集』が絶版になったというニュースを、1990年代の何時でしたか、私は朝日新聞の文化欄で知りました(後にCD-ROM版、そしてオンライン版に移行)。記念に1セット買っておこうか迷ったことを今でも覚えています。ただ、底本自体がソ共寄りの内容との噂もあり、その後に党派的解釈を廃した完訳版の作業が始まったとの話も聞いて、躊躇があったのは事実です。

それから20年は経ちました。現在の状況は如何でしょう。大月書店の国民文庫シリーズは、赤い装丁でお馴染みの『資本論』だけとなりました。今日の共産主義の崩壊と、学問としてのマルクスとは、その関係性は低いはずです。しかし壁の崩壊は、民主主義の獲得と引き換えに、学問としてのマルクスを端に追いやりました。例えば私の大学の経済学部では、かつて近代経済学とマルクス経済学は1年時の必須単位科目でした。けれでも現在ではマルクス経済学を教えなかったり、選択性だったりする大学も出てきたと聞いたことがあります。
一方、好意的な捉え方をすれば、今まで色々な尾ひれがついてたマルクス主義から、綺麗さっぱり洗い流した本来の姿に戻ったという解釈も出来ます。

さて、本題です。現在の古本屋さんの買取状況は如何でしょう?今も紙の『マルエン全集』は需要がありますから、私たちも買取が出来ます。では何故、このように勿体ぶった書き方をしているかといいますと、買取出来る古本屋さんが大夫減っているからです。
これは社会主義関係全般に言える事で、ある時、『レーニン全集』が、とある地方の古書市場で競りにかけられました。書店からの輸送箱付の綺麗な未読状態です。その時、買いたいと手を挙げる古書店主はおりませんでした。あぁ、レーニンでさえ、この扱いです。かつて、国民文庫を買っては赤線を引きながら読んだ『何をなすべきか?』や『国家と革命』。私の青春時代は何処へ・・・という感じでしょうか(苦笑)。

マルクスの学問的研究は、もちろん、M.フーコーや、吉本隆明の発言のように、その時代という枠の制約がある点は事実です。その点を踏まえながらも、資本主義が存在する限り、有効性があります。現在「簡単にわかる資本論」的な本がコンビニで売られるような時代になりました。今まで敷石が高く敬遠気味だったマルクスも、他の「生き方の本」と同様な次元で語られる様になったのです。これは素直に良いことだと思います。

という訳で、社会科学系、中でもマルクス主義、共産主義の古本買取は店主の経験と知識が無いと難しいのです。弊店では、更に当時の新左翼・学生運動の機関紙など、思わぬモノが買取出来たりします(あくまで弊店では、です。他店様では??です・・・。)
--------------
大月書店の『マルクス=エンゲルス全集』(揃)をお売り頂くなら、古書店三月兎之杜へ是非ご相談下さい。
哲学・思想系の古本は弊店の得意分野です。大学の先生からのご依頼も数多く実績がございます。研究室の蔵書整理もお任せ下さい。
詳しくは、古書店三月兎之杜の哲学・思想の古本買取サイトを是非ご覧ください。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)やLINEでもお受けしております。
お気軽にご連絡下さい。お待ちしております。

よろしければシェアお願いします