青森県八戸市より数学に関する本を100冊以上お売り頂きました(基礎数学/代数学など)

お売りいただいた数学書の一例です
数学書の買取先をお探しだったとの事で、数あるお店の中からこの度は弊店をお選び頂き誠にありがとうございました。

数学書の一部です更に数学書の一部です
弊店で数学書のご依頼も当然ながらよく頂戴し、学術書という事もあり、やはり書き込みが多くなってしまう分野なのですが、今回のお客様は本を読みながらノートに書いておられたそうで、本自体には一切書き込みが無く、またヤケもほとんどなく大変美麗な状態でしたので、中々の高価買取となりました。シリーズ物も揃っているものが多かったので、シリーズ毎にお値段をお付けする事ができたのもポイントとなりました。

本の状態です
何故ここまで綺麗だったのかと申しますと、数冊を除いてほぼすべての書籍にブックカバーがかけられていたからです。お売りいただく前にブックカバーは取ったほうがいいですか?というご相談も頂くのですが、皆様が大切にされていた証ですので、宅配買取の場合には、どうか気にせずそのままお送りください。

理系と文系という分け方がございますが、皆様はどちらでしょうか。
私はどちらかといえば文系だと自覚しているのですが、理系脳と文系脳の判断方法という診断をしてみると何故かすべて理系脳という結果にたどり着きます。その方法は調べてみるといくつかあるのですが、簡単な方法を一つお教えいたします。

目の前で手(指)を組んでみて、右手と左手、どちらの手の親指が上だったかという方法です。

その結果、左手の親指が上の人は理系。
右手の親指が上の人は文系だそうです。

理系脳と文系脳で何が違うのかを簡単にまとめると下記の通りです。
【理系脳】
頭脳明晰だが、理屈っぽくて論理的でコミュ力が無い。
【文系脳】
感性やコミュ力はあるが、複雑な事はよく分からない。

だそうです。
一概にすべてがこの通りとは言えませんので、こういう考え方もあるんだなと、記憶にとどめておくくらいで丁度いいかもしれませんね。 

書き込みがあると、どうしても買取の金額は下がってしまうポイントにはなってしまうのですが、今回のような数学や、物理、書道など、書き込みがあっても分野でまとまって冊数があればまとめて買い取りさせて頂くことも出来ますので、売れないかな・・・と諦める前に、一度ご相談だけでも頂けますと幸いです。数学のページはこちら。

宅配買取・出張買取選べるタイプのメールご相談ページ
写真だけで簡単気軽にラインでのご相談ページ
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
よろしければシェアお願いします