週刊プレイボーイ『創刊号』を宅配買取にてお譲り頂きました。

週刊プレイボーイ
週刊プレイボーイ 昭和41年 11月15日 創刊号をお売り頂きました。
週刊プレイボーイといえば、未だに世の男性には根強い人気を誇っている週刊誌です。男性でなくとも、中を開いたことがなくとも、本屋さんやコンビニに並んでいますよね。

今の週刊プレイボーイといえば、まずは表紙のグラビアアイドルが思い浮かび、次に漫画を連想するのではないでしょうか。私は素直にこの2つが思い浮かび上がります。
週刊プレイボーイ
こちらは以前、大量にお売り頂いたプレイボーイ(主に80年代から最近まで)の写真なのですが、創刊号と比べていかがでしょうか。
まったくと言っていいほど雰囲気が違うのが分かりますよね。時代の移り変わりなので当然といえば当然なのですが、創刊された当初のこの表紙とは違い、見出しの文章も大きく書かれています。そして綺麗な女優やアイドルが大きく一面を飾っています。

1ページ目を開いてみても、いきなり飛び込んでくるのは車の見開きです。


今ならこの見開きは、グラビアアイドルですよね。ここからだけでも当時の時代背景が見えてきます。
漫画といえば、このような感じです。

プレイボーイを創刊するにあたり、プレイボーイとは、
「カッコいい魅力のある青年をイメージ」
「読者に楽しみを売る」
「人生の知恵、実用性がある」
という内容を意識しているものだと言われています。

となると、創刊号はピッタリ合います。
内容は変わってきているとはいえ、今のプレイボーイにも確かに当てはまっています。
だから未だに根強い人気があるのだと思います。 


マリリン・モンローについては、まだ色々と不可解な点が多く、今でもテレビでよく話題になっています。
私も気になっているので、当時のこの情報は非常に興味深いです。
 



カッコいい、実用性がある、やはりそういった部分の内容がメインになっています。

グラビアと呼べそうなものは、最後のページにあるこちら位です。


グラビアというよりも、やはりカッコよさを意識したスタイリッシュなファッションといった印象を受けます。
この頃の男性は、こういった部分よりも自分の魅力を上げる事や、実用性の部分に着目していたのだろうと思います。

古書店三月兎之杜では、このような創刊号のみからでも当然の事、創刊号から今まで集め続けてきた雑誌が沢山あるというようなご依頼も、心よりお待ちしております。状態が悪いから等と諦める前に、まずは一度当店にご相談くださいませ。

少しでも気になられましたら、
古書店三月兎之杜雑誌・専門誌買取相談ページまで

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

よろしければシェアお願いします