ミステリ夜話|第41回 千澤のり子 エッセイ

 先日、Discordを使って、ミステリ談義をしました。
 サーバーを立ててくれたのは、ミステリ仲間のちくわさんです。ちくわさんはツイッターを中心に活動している社会人ミステリ研究会「シャカミス」のメンバーです。まだコロナ禍になる前、脱出ゲーム「さよなら僕らのマジックアワー」を仲間内で集まってプレイしたときに出会いました。
 シャカミスでは、ネット上で『少女ティック』の読書会を開いてくださったばかりです。そのときは作者として顔を出しましたが、今回はウェブを漂う一ミステリ好き「のりりん」で入室しました。
 開始時、音声を使える人は、ちくわさんとBさんでした。Bさんはまったく知らない方ではありません。文学フリマでお会いしたことがあり、たまにツイッターで反応をしています。おふたりとも、私よりもずっと年下です。
 特に議題が決まっていたわけではありませんが、会話は自然に深いミステリの話に入っていきました。ちくわさんは主に聞き役、私とBさんはネタバレしない程度に好きなトリックについて語りまくります。20年前はチャットを使って、不特定多数のミステリ好きの方々とこのようなおしゃべりを毎日のように行っていました。なんだか懐かしくもあります。
序盤は、梶龍雄について。1977年に『透明な季節』で江戸川乱歩賞を受賞し、1990年に亡くなったミステリ作家です。刊行作品はかなりありますが、現在、紙の本では入手不可能。ごく一部の作品でしたら電子書籍で読めます。復刊はほとんどしておりません。
 
私がインターネットを始めた頃から、梶龍雄作品は入手困難と言われていました。状況は今でも変わらず。古本屋さんで見つけたらダブり本でも買うようにしていたので、我が家はそこそこの作品が揃っています。でも、全冊は持っていません。
 どの作品が好きかという話題になり、私があげたのは『ぼくの好色天使たち』。戦後の闇市を舞台起きる連続殺人を扱った作品です。貧しくて、自分の生活すら困難な状況なのに、どことなくユーモラスで、ハートフルで、住民の一人になって事件を解き明かす気分になれる作品です。
 お勧めいただいたのは、『海を見ないで陸を見よう』。実は15年以上積んでいる作品です。青春小説としても傑作とのことです。もったいなくて読まないままでいましたが、そろそろ解禁しようかと思いました。
梶龍雄で青春というと、幻の本となっている『灰色の季節』を、私は読了後すぐに手放しています。私よりもずっと本を大切に保管してくれるミステリ仲間に譲りましたが、読まれたのかなと気になりました。
その後、愛すべきバカトリックに話題は移りました。一致したのが、飛鳥部勝則『堕天使拷問刑』。よくもこんなトリックが成立したものだと苦笑とともに、攻撃力の高さに圧倒されました。

途中で、Bさんからこんな質問をされました。
「のりりんさんはツイッターをされていますか?」
「してます。すみません、今はハンドルネームで入室しています」
「IDお聞きしてもいいですか?」
「千澤のり子という名前です」
「はいいいいいいいいいいい!??」
「気づいていなかったんですか!?」
 Bさんは、ちくわさんのお友達のミステリ好き・のりりんとして接してくださっていたそうです。前後で口調がまったく変わらなかったので、いい方なんだと思いました。
 文字だけの交流ですと、男性と間違えられることが、しばしばありました。音声では初めてです。これも、一種の叙述トリックに含まれるのでしょうか。
「浦賀和宏好きの千澤センセイじゃないですか」となり、しばらくは浦賀和宏作品の思い出話に。亡くなったことが、本当に悔やまれます。

 次第に通話参加者が増え、「好きな作家の既刊本は、一冊だけ読まずに残してしまう」という話題になりました。それぞれが意外な未読本をあげ、「読もうよ!」と言い合いながら、私はふと、ネットミステリ仲間だった友人Sを思い出していました。
 どこの誰とも関係なく、楽しくミステリの話ができる時間って、とても貴重なのですよね。また機会があれば参加したいです。

千澤のり子(ちざわのりこ)

1973年生まれ
作家。近刊は『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』。
ボードゲーム好きで『人狼作家』の編集も手がけ、羽住典子名義でミステリ評論活動も行っている。

-古書店三月兎之杜からの詳しいご紹介-

-新刊『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』(行舟文化 :刊)発売中!-
日本推理作家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。
2007年に二階堂黎人氏との合作『ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子』にてデビュー(当時は宗形キメラ名義)。その後は単独名義にて『マーダーゲーム』『シンフォニック・ロスト』(以上講談社)を発表。なお講談社ノベルスの公式WEBサイト「あとがきのあとがき」では、『シンフォニック・ロスト』執筆時のご苦労話が読めます。
そして2017年に待望の単著三作目『鵬藤高校天文部 君が見つけた星座』(原書房)を上梓。ほかに共著として『人狼作家』(原書房)、『サイバーミステリ宣言!』(角川書店)、『平成ストライク』(角川文庫)など。
ミステリ作家としてご活躍の一方、羽住典子名義で評論家としても精力的に活動中。所属する「探偵小説研究会」では『本格ミステリ・ディケイド300』、『本格ミステリ・ベスト10』(共に原書房)の編纂にも携わられております。

よろしければシェアお願いします