【茨城県古本宅配買取り事例】日本の名著 全50巻をお売り頂きました(水戸市より)

日本の名著 全50巻揃 中央公論社
【日本の名著 全50巻揃 中央公論社】
中央公論社から1969年に発行された名著シリーズ、日本の名著を全50巻お揃いでお売り頂きました。ちなみにこの度の版は、昭和44年の再版です。弊店でも馴染み深い世界の名著の日本に焦点を当てた名著となります。中公バックス版等も出ており、当時よく皆様がお求めになられた古本の内の1つだと思いますが、全巻お揃いでお持ちという方は、そう多くはありません。当然のごとく知っているという方もいれば、おじいちゃんの家に遊びに行った時、書棚で見たことあったなぁという方もいるやもしれませんね。
日本の名著 全50巻揃 中央公論社 裏
【ご依頼】
この度のご依頼は、茨城県水戸市のお客様より、メールからご相談を頂きました。水戸といえばやっぱり納豆ですね!安直で恐縮ですが、本当に水戸の納豆は美味しいんですよ!通常のスーパー等で売られているものも好きで、よく食べているのですが、比べてみるとまぁ違うこと違うこと!まず、そんなに匂わない事、そして糸もしつこく伸びすぎない、1パックの中の量が多い!味は伝えづらいのですが、とにかく美味しいんですよ!と、すみません・・・。私の納豆愛でつい話が逸れてしまいましたが、当初はこちらの他にもお売りになりたいというご本がございました。現代日本文学全集です。当時よく普及された事もあり、今や日本文学全集、世界文学全集は手放されたいという方の方が多い状況でして、全集も専門とする弊店でもお取り扱いする事が出来なくなってしまいました。悲しい限りです。恐縮ながらその旨をお伝えさせて頂いたところ、日本の名著のみを着払いでお送り頂ける事となったという訳でございます。

状態 線引き函の状態
【お売り頂いた時の状態】
線引きのある巻もございましたが、函は一部を除き、ほとんどが経年での劣化でしたので、そこまで買取額には響くことなく買い取りさせて頂くことが出来ました。何より、書込みがあり、一部劣化の強いものもあるという事は事前にお話を聞いておりましたので、事前にお見積もりさせて頂いた通りの金額での買取となりました。弊店でのご依頼の中で、時折、『金額はいくらでもいいから誰かにまだ使ってもらえるなら』というお客様がいらっしゃいます。お気持ちはとても嬉しく思いますが、弊店で金額をお付けする事が出来た場合には正当に金額を付けさせて頂きます。ですが、逆にお値段をまったくお付けすることが出来ない事もございます。その場合には弊店では販売する事が出来ない為ですので、ご容赦くださいませ。


古書店三月兎之杜では、皆様が大切にされていた全集、専門書、学術書を次のお求めになられる方へとお引き継ぎ致します。止む無く売却をお考えの方がおりましたら、是非一度弊店までご相談ください。

買取のご相談は、
古書店三月兎之杜の全集買取ページより

その他の買取事例は、
古書店三月兎之杜の買取事例ページより

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

よろしければシェアお願いします