【買取実績】『正統少林寺拳法教範』をお譲りいただきました。

正統少林寺拳法教範 宗道臣 資料付 非売品 昭和43年再版

少林寺拳法の始祖である宗道臣が戦後日本で祖国復興において、民族愛や郷土愛を超えた新しい思想を持った人育成を行うための手段として少林寺拳法を設立しました。
氏は理想についての説法を説くだけでは人々には響かないことを理解しており、ダルマより伝わったとされる秘技を時代に合わせた拳法として確立させて布教することにします。その流れで拳法として身体を鍛え、釈迦とダルマの教えを自身の経験や悟りの見地から布教しました。

正統少林寺拳法教範 昭和43年 宗道臣

その結果として、技術と心構えを1冊にまとめた本が『正統少林寺拳法教範』となります。高弟が教範を持ち、各地で道場を開き全国的に教えが広がったのには、この教範の存在が大きかったことでしょう。
武術・武道と括られることの多い少林寺拳法ですが、それは少林寺拳法の側面の1つであり心構えを学ぶ場としての大事さが伺える教範になっています。

宗道臣の考え方や思想は時代に合わせて教範も変化をしていますが、骨子の部分は変わらず今も脈々と受け継がれているのもこうした教範があるからなのでしょう。


武道・武術本のご整理の際には、ぜひ古書店三月兎之杜までお気軽にご相談下さい。
詳しくは、古書店三月兎之杜の武術書・武道書の買取ページをご覧ください。

メールからはWEBお問い合わせフォーム
LINE(写真を送るだけでOKです)ではらくらくLINE査定フォームも好評です。
お電話はフリーダイヤル 0120-996-504(10-20時/年中無休)でお受けしております。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

 

  

よろしければシェアお願いします