買取情報/アシェット『ル・マン24時間レース カーコレクション』


アシェットのカーコレクションと言えば1/24の大型サイズが目を引く『国産名車コレクション スペシャルスケール』や、公式ライセンスを取得した『公式フェラーリF1&レーシングコレクション』などが人気のシリーズですが、今回紹介する現在刊行中の『ル・マン24時間レース カーコレクション』もミニカーのクオリティの高さから人気のあるシリーズになります。

題材になっているル・マン24時間レースは1923年の初開催から続く歴史のあるレースで世界三大耐久レースの一つに数えられています。最近ですと2018年、2019年とトヨタが2連勝したこともあり、テレビやネットでも話題になっていたので記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

特に2018年は日本人ドライバーが日本車で初めて優勝した記念すべき年でもあり、奇しくも優勝から数カ月後に創刊された『ル・マン24時間レース カーコレクション』(2018年9月刊行)の創刊号にはこの時優勝したトヨタのTS050 Hybridが付属していた事も重なり、発売前に予約が殺到、品切れでなかなか入手できない状態でした。また1966年のル・マン24時間でフォードが初優勝を飾った時のエピソードを描いた『フォードvsフェラーリ』(2019年公開)がヒットした際にも、アシェットの『ル・マン24時間レース カーコレクション』も発売直後に完売になる号が目立つようになって、最近は買い逃すとなかなか入手が難しい程に人気があります。

『ル・マン24時間レース カーコレクション』の人気のポイントは、F1やル・マンモデルで人気の高いスパークがミニカーの開発と製造を担当しているという点にもあり、ミニカーコレクターからも注目されています。
ミニカー自体はダイキャストで重量感もあり、ワイパーやアンテナなどのシャープな部品もエッチングパーツでしっかりと表現。特徴的なボディラインやスポンサーデカールなども10cmほどのサイズの中にしっかりと再現されています。
サイズが10cmほどとコンパクトなサイズのため、机の上や棚に並べて展示しやすいのも人気のポイントかも知れません。


古書店三月兎之杜ではアシェットのシリーズを高価買取しております。
詳しくは、古書店三月兎之杜のアシェット買取のページをご覧ください。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
皆さまからのご相談を心よりお待ちしております。

よろしければシェアお願いします