買取情報|『週刊 ゴジラをつくる』デアゴスティーニ

デアゴスティーニでは過去に「東宝特撮映画DVDコレクション」として名だたる東宝特撮作品と共にゴジラの映画作品がDVD付マガジンとして刊行されていましたが、今回は、初代ゴジラを実際にリモコンで操作できるリモートコントロールモデル「週刊 ゴジラを作る」が登場しました。

「週刊 ゴジラを作る」は元々は2019年1月に先行試験販売として一部地域のみで販売がされ、2019年8月から全国販売が開始、現在も刊行が継続されています。

今回の目玉はなんと言ってもデザインや設計に携わっている関係者の豪華さ!原型を担当したのは20年以上に渡りゴジラシリーズを題材に多くの名作キットを生み出してきた酒井ゆうじ氏が担当。内部の構造や動作機構はラジコンメーカーの京商が担当するなど、外側の造形と内部の機構の両面において徹底したこだわりが感じられます。

完成するとゴジラの本体は全高60cmにも達するビッグサイズ!ゴジラの外皮部分はソフトビニール製となるので、まさに着ぐるみと言う感じでファンとしては嬉しい所ではないでしょうか。
ちなみにこの外皮部分は酒井ゆうじ氏の工房で過去に製作した30cmサイズの初代ゴジラを3Dスキャンしたデータを元に拡大して原型が作られているそうです。

ラジコンで操作できるゴジラだと、過去に東京マルイやバンダイなどからも発売されていて、東京マルイはサイズ感や質感にこだわった初代とビオランテ版の2種類。バンダイは価格帯やバリエーションの違いなどでいろいろな製品が発売されていました。
バンダイはやはり子供向けのおもちゃ感がいなめませんが、東京マルイ版は大人のおもちゃと言った感じで価格も結構な高額商品でした。

動きに関してはまだ刊行中という事で、メーカーが公開している動画しか情報はありませんが、その映像を見る限りでも、今までのR/Cゴジラの中でもっとも映画に忠実な動きが再現しているものと思われます。
「週刊 ゴジラを作る」は全100号の刊行が予定されており、80号までで本体とコントローラーが完成して、残りの20号でジオラマパーツが提供される予定になっています。
ゴジラの本体だけでなく、それを飾るディスプレイ部分も提供するのがなんともデアゴスティーニさんらしい徹底したこだわりですね。
----------------

買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。 
古書店三月兎之杜のデアゴスティーニ買取ページ
メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

よろしければシェアお願いします