【買取情報】週刊『日本の貨幣コレクション』全180号予定(アシェット)

古書店三月兎之杜では、週刊『日本の貨幣コレクション』全180号予定(アシェット)を買取しております。

天皇陛下御即位記念貨幣が10月から引き換え開始され話題となりましたね。金融機関によっては初日で終了してしまったところも多かったとか。昔はお釣りが記念硬貨で返ってくることもよくあったのですが、この手に入りにくさですと普通に使っちゃう方はきっとあまりいないでしょうね。

さて、今回お譲りいただいたのは日本最古の銭貨「富本銭」から大正の「八咫烏五十銭銀貨」まで、当時使用されていた日本の貨幣や兌換銀行券のレプリカが付属するパートワークです。当初は120号完結予定でしたが、いつのまにか180号に延長しておりました。

銭形平次が使っていた「寛永通宝」や、質の低下は国の威信の低下という新井白石の力説によって作られた「正徳小判」などその時代の貨幣史も冊子にまとめられております。その時代の物価や現在の価値といった”お金にまつわる話”が盛りだくさんです。お金好き・・・といったら語弊があるかもしれませんが貨幣コレクターも新たな発見があるかもしれませんね。

ちなみに私が気になる貨幣は、こちらの日本の貨幣コレクションにも付いてくる「慶長丁銀」「元文丁銀」などの”丁銀”です。15年ほど前でしょうか、東京国立博物館で初めて見た時から気になって仕方がありませんでした。握ったようないびつな形が印象的で、もうね、銀塊ですよ。
小判型や丸い銭貨のレプリカは良くみますが、慶長丁銀のレプリカはなかなか見たことが無かったので、これは買うしか無いと13号の慶長丁銀だけ書店で購入しました。握ってみたい・・・という小さな夢が叶いました。


アシェットの他にもデアゴスティーニやイーグルモス、デルプラドの高価買取にも自信がございます。
買取価格表と買取事例はこちらを御覧くださいませ。
アシェット・イーグルモス・デルプラド買取ページ
デアゴスティーニ買取ページ

価格表は日々更新しております。 

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

よろしければシェアお願いします