『上部頸椎カイロプラクティック 哲学・科学・芸術』(たにぐち書店)をお譲りいただきました。

1

『上部頸椎カイロプラクティック 哲学・科学・芸術』 (賀来史同 著/たにぐち書店)をお譲りいただきました。どうも有難う御座いました。

カイロプラクティックは薬や手術は行わず手を使って施術を行う手技療法のことで、最近では一つの街に必ず一つはカイロプラティックのお店がありますね。普段の生活で肩こりや腰痛に悩みをお持ちの方は一度は受けたことがあるという方も多いかと思います。

 

私も長年通っているお店があって、そこは整体とカイロとマッサージといろんな施術をしてくれます。肩こり・腰痛・猫背・坐骨神経痛など悩みだらけの私のカラダ。お店に入る時と出る時では別の体に代わったか?というほど頭のてっぺんから足の先までリフレッシュできます。

たまに怖いもの見たさで「バキバキ」してくださいとお願いしてバキバキッとねじってもらうのですが、カラダの中のいろんな流れが良くなる気がして気持ちがいいんですよね。瞬間の痛みが凄いのでたまにしかお願いしないんですけどね。

RIMG0133

一概に「カイロプラティック」といっても手法は多数ありますが、基本は脊椎を調整して神経の回復を促す施術を行います。

今回の「上部頸椎カイロプラクティック」は”おしりから首”まで伸びている脊椎の、”首から頭”の部分の”頸椎”のズレを調整して神経伝達障害を調整する手法です。(ちなみに「頚椎」は「頸椎」の俗字なのでさすものは同じです)

全カイロ施術者の中でも上部頸椎カイロプラクティックの施術者は少ない割合で、専門書の出版も10冊程度とごくわずか。今回はJSCA(日本上部頸椎カイロプラクティック協会)の設立者である賀来史同(かく ふみお)氏が書き記した大型の専門書です。

RIMG0131

目次の一部です。タイトルに「哲学・科学・芸術」とあるのでどんな指南書なのだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。カイロプラティックというもの自体がその3本柱の上になりたっていおり、「なぜ・どのようにして・技術の美しさ」をさします。

今回のこちらの専門書は読んだら誰でも実践できるという趣旨のものではなく、考え方や理論を学ぶための専門書となります。上部頸椎カイロプラクティックの世界へ足を踏み入れたい方はぜひ読んでみてください。


古書店三月兎之杜ではカイロプラティック全般に関する本を買取しております。

カイロプラクティック買取価格表に記載が無い本も買取を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

メールでのご相談は、お問い合わせページより
ラインでのご相談は、らくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
よろしければシェアお願いします