宅配買取/隔週刊 チャンピオン・バイク・コレクション全巻揃い(デアゴスティーニ)

デアゴスティーニの『隔週刊 チャンピオン・バイク・コレクション』を宅配買取にてお譲りいただきました。

20190410_chmpbike1

デアゴスティーニ『隔週刊 チャンピオン・バイク・コレクション』は世界GP、スーパーバイク世界選手権、スーパースポーツ世界選手権、MotoGPなどの二輪レースレースの各クラスで活躍した世界のバイクコレクション・シリーズです。ixo社製1/24スケールのダイキャストモデルが毎号付属し、全60巻というシリーズです。

その中からいくつかのマシンとそのドライバーを見てみましょう。この中で一番古いのは第50号のイタリアのMV AGUSTA 500です。このマシンのドライバーはイギリス出身ジョン・サーティースですが、彼はこの時の2輪世界GPで優勝した後、4輪のレースに転向し、ロータスからフェラーリに移籍して世界チャンピオンとなり、その後1967年に第1期ホンダF1の初戦イタリアGPで、RA300を優勝へと導いたという歴史的ドライバーです。

20190410_chmpbike2

第34号ホンダ RC162は、1961年の世界GP250ccクラスの第4戦マン島TT(ツーリスト・トロフィー)GPでマイク・ヘイルウッドが乗ったマシンです。この年の第2戦西ドイツGPでは同じくRC162に乗った日本人として初めて高橋国光が250ccクラス初優勝という快挙を挙げています。どちらかというとこちらのマシンを取り上げて欲しかった気がしますが、ホンダの本田宗一郎が1954年『マン島TTレース出場宣言』を出してレースに邁進したという歴史的価値だとこちらのマイク・ヘイルウッドが採用されたのかとも思います。高橋国光はジョン・サーティースと同じく2輪から4輪に転向しそちらでも活躍したドライバーです。

20190410_chmpbike3

第11号はヤマハ YZR500です。1979年にケニー・ロバーツが乗ったマシンです。ヤマハというと日本では平忠彦のイメージが強いですね。1982年の角川映画『汚れた英雄』の草刈正雄のスタント役から始まり、資生堂のCMなどに出演し、女子の人気がすごかった記憶があります。しかし平忠彦はなかなかレースで勝利を得る事がなく、特に1985年にこのケニー・ロバーツとペアで出場した鈴鹿8耐では平忠彦のマシンがゴール30分前に止まってリタイアするという出来事がありました。「チャンピオン・バイク・コレクション」にはYZR500は5種収録されていますが、平忠彦の資生堂TECH21カラーにしたマシンがないのがちょっと残念です。

そのケニー・ロバーツの息子ケニー・ロバーツJr.は2000年のロードレース世界選手権GP500のチャンピョンとなりました。その時に乗っていたのが、第54号スズキ RGV500でした。

付属の小冊子にはライダー、バイク、チームの紹介のほかに世界各地のサーキットや有名レースの歴史の記事が掲載されています。

『隔週刊 チャンピオン・バイク・コレクション』は2004年~2006年の間に発行でしたので、すでに15年くらいたっていますので、箱入り未開封全揃いというのはなかなか見かけなくなってきました。

古書店三月兎之杜では、デアゴスティーニなどの分冊百科の高価買い取りをしています。部屋のどこかにあったかもという方は是非、古書店三月兎之杜にお譲りください。


少しでも気になられた方は、
古書店三月兎之杜デアゴスティーニ買取ページをご覧ください。

・メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより 
・LINEでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
・電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
までお願い致します。
皆様からのご依頼を心よりお待ちしております。 
どうぞ宜しくお願い致します。


よろしければシェアお願いします