買取/週刊スバルインプレッサをつくる(アシェット)

20190313impreza1

東京都新宿区へ出張買取でアシェット・コレクションズの『週刊スバルインプレッサをつくる』の創刊号~113号の未組み立て全巻揃いをお譲りいただきました。有難うございました。
完成させると1/8スケールで全長55.1cmという大きなモデルです。

この「スバルインプレッサ」は世界ラリー選手権(WRC)に2003年に参戦していた時のモデルになります。スバルは世界ラリー選手権において自動車メーカー直営チームに与えられるマニュファクチュアラーズ・チャンピオンを1995年、1996年、1997年の3回とっており、ドライバーズ・チャンピオンは1995年のコリン・スティール・マクレー、2001年はリチャード・バーンズ、2003年はこの車をドライブしたペター・ソルベルグがとっています。しかし残念ながら2008年でWRCから撤退してしまいました。

競技用のラリー車は基本的に市販されている一般車がベースになっています。レースをするために様々な改造がなされるのですが、その改造の程度によって3つのグループ分けがされています。このインプレッサが所属するグループは一番様々な改造が許可されているので、エンジンを載せ替えたりターボを付けたり4WDへの改造などがされてレースカーに仕立て上げます。

20190313impreza2

スバルといえば水平対向エンジンが有名ですね。水平対向エンジンは、車を低重心に設計できるためラリーのコースでジャンプした際にも非常に安定した走行ができるという利点があります。このキットではそのエンジンもパーツから組み立てるという工程がありますので、そのあたりを実感できるのではないでしょうか。

ラリーで走る道は、舗装路、未舗装路、氷結路、雪路など様々な状況があるわけですが、このモデルはピレリの舗装路用タイヤが装着されています。

20190313impreza5

車内にはドライバーをガードするロールケージ、ルーフにはナビゲーション用のカメラ、通信アンテナなどが付いています。

ドアやボンネットなどは開ける事ができますし、ステアリングを回すとタイヤが連動し、アクセルを踏むとエンジン音がしたり、ブレーキを踏むとブレーキランプが点灯するなどのギミックがいろいろ仕込まれてあり、完成後に楽しむ事ができるようになっています。

20190313impreza4

購読者特典として1/43スケールのスバルインプレッサ・モデルと1/8スケールの完成品を置くディスプレイ・ボードがあります。

20190313impreza3

毎号付属の小冊子には、組立ガイドの他、スバルインプレッサの歴史、WRCの車のメカや歴史、ドライバー、スバルの歴代の車紹介などの記事が満載です。

当初110号で完結予定でしたが、先日150号まで延長という事が発表になりました。延長分はメカニックが車を整備しているシーンを再現できるもののようです。今回お譲りいただいたのは113号までですので、車としては110号までで完成するわけですので、これで一気に完成させる事ができますね。その後の発売済み号はアシェットのサイトからバックナンバーを購入したり、これからの発売分は定期購読を申し込んでおけばコンプリートできます。

古書店三月兎之杜ではデアゴスティーニ、アシェット、イーグルモスなどの週刊シリーズ/分冊百科の買取を行っております。今回の買取品は現在刊行継続中のもので本体を完成できる号数が揃っていますすが、揃っていなくとも内容によっては買取可能の場合がありますので、ぜひご相談ください。


古書店三月兎之杜のアシェット・イーグルモス・デルプラドの買取実例と買取価格はこちらの買取ページを是非御覧ください。

メールでのご依頼は、買取のお申込みページより
写真を送るだけのお見積もりをご希望の場合は、らくらくLINE査定ページより
お電話からのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
までよろしくお願い致します。
皆様からのご依頼を心よりお待ちしております。

よろしければシェアお願いします