【買取】雑誌『近代映画』(1975年-1980年)のご紹介

近代映画1975年
往年のアイドル雑誌『近代映画』を1975年から1980年まで、ほぼお揃いの状態でお譲り頂きました。
付録も残っており、状態も大変良好で、大切に保管されていらした事がわかります。持ち主の方も「青春の思い出の雑誌なので、大切にしてくださるお店に」というご意向で、弊店にご依頼を頂いたそうです。
どうも有難うございました。

それでは早速に表紙の写真を見ていきましょう。
まずは1975年(昭和50年)。ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「あんなあの娘の何なのさ」という歌詞が流行った年です。
1月号は欠ですが、それ以外ですと、山口百恵ちゃん、桜田淳子ちゃん、早乙女愛ちゃん、浅田美代子ちゃん、岡田奈々ちゃん、そして「ロマンス」が年間オリコン6位と大ヒットした岩崎宏美ちゃんというラインナップです。

RIMG0080_R
続きまして1976年、「およげ!たいやきくん」がオリコン1位をとった時代です。
こちらも百恵ちゃん、淳子ちゃん、奈々ちゃん、ちゃんというラインナップですね。百恵ちゃんは「横須賀ストーリー」が大ヒットしました。「これっきり、これっきり、もう、これっきりですか~♪」懐かしいものです。


1977年です。百恵ちゃん、淳子ちゃんの巨塔の間に、ピンクレディーのミーちゃんとケイちゃんが食い込んできましたね。
ピンクレディーは「渚のシンドバッド」が年間オリコン1位を筆頭に「ウォンデッド」「カルメン’77」「S.O.S」の3曲がトップテン入りです。


1978年です(8月号欠)。この年も年間オリコントップ3は「UFO」「サウスポー」「モンスター」とピンクレディーが独占です。特にユーフォォ!は当時は皆さま振り付けを真似されましたよネ。
表紙では安定の百恵ちゃん。ちょっと待って!「プレイバックPART2」はこの年です。そして榊原郁恵ちゃんや石野真子ちゃんの登場です。
郁恵ちゃんは前の年、そして真子ちゃんは「狼なんか怖くない」で同年3月にデビューでした。

RIMG0087_R
1979年です。ゴダイゴの「ガンダーラ」や西城秀樹の「Y.M.C.A」がお馴染みですね。さだまさしの「関白宣言」もこの年です。
表紙としましては、「いい日旅立ち」の百恵ちゃんの間に、コメットさんの大場久美子ちゃん、そして郁恵ちゃん、真子ちゃんです。

RIMG0088
さて1980年です。百恵ちゃん、真子ちゃん、郁恵ちゃんのレギュラーに、藤谷美和子ちゃん、倉田まり子ちゃんが登場です。
百恵ちゃんはこの年に三浦友和との婚約、結婚を発表し、時代は”ポスト百恵”として次のアイドルを探していました。

RIMG0089
ちなみに河合奈保子ちゃんも「西行英樹の妹」でオーディションを勝ち抜きデビューが決定しましたね。


ポスト百恵ちゃん、運命の星はこの人を照らしました。松田聖子ちゃんです(ベストテンの台本など松田聖子ちゃんグッズのご紹介はこちらへ)


聖子ちゃんは岩崎良美ちゃんとも仲良しでしたね。夜はいつもお互い長電話をしていたそうです。

---
以上、駆け足で青春時代のアイドル雑誌を振り返りました。この記事を纏めさせて頂いて、店主も愉しいひとときでした。
どうも有難うございました。


古書店三月兎之杜では、皆様の大切な懐かしの「アイドル雑誌」を買取させて頂いております。
詳しくは古書店三月兎之杜のアイドル雑誌買取のページを御覧ください。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。
皆様からのご相談を心よりお待ちしております。

よろしければシェアお願いします