『日本の写真家』岩波書店を宅配買取させて頂きました( 全40巻+別巻/ 全41巻揃 )


この度お売り頂きました、岩波書店の『日本の写真家』は、その名の通り日本を代表する写真家の40人の作品を堪能することが出来る書籍となっております。




マイナーではないところで言えば、一番名をよく聞くのが土門拳になるでしょうか。第二次世界大戦後を中心に活動していた写真家として有名な土門拳ですが、写真だけでなく名文家としても名を馳せていました。

写していたものといえば、風景は勿論、古美術、仏像、人物など、リアリズム写真を好んでいた為、女性を撮るときにもシワやシミなどを遠慮なく写し、被写体となった女性たちから反感を買う事もありましたが、その反面どうしても土門に撮ってもらいたいという女性も少なくなかったと言われています。

今や携帯のカメラが普及されており、リアリズムどころか様々な効果で綺麗に撮る事ができるご時世となっていますからね。今の時代に土門拳がいたらどういう反応を示すのでしょうか。少し気になりますね。私も本来女性は化粧などしなくとも素のままの方が綺麗だと思っていたりもするので、リアリズム写真を追求していた気持ちは分からなくない気がします。


すみません、肝心の女性を写すのを忘れてしまったのですが、このようなリアリズム写真を撮っておりました。

他にも土門拳は古寺巡礼等も出しております。
こういった書籍をお持ちでしたら、ご相談だけでも頂けますと幸いです。

メールでのご相談は、こちらの古書店三月兎之杜の全集買取のページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

よろしければシェアお願いします