マイクロブック(豆本)を宅配買取にてお売りいただきました。

富山県氷見市よりMICRO BOOKを宅配買取にてお売りいただきました。

今回、お売りいただきましたのは大変めずらしいご本で”MICRO BOOK”という”米粒”にも満たないような大きさのご本です。
いわゆる一般的な「豆本」よりも更に小さい本になります。「豆本」は普通に読めますので・・・。

カメラで撮影しようにも、この大きさではピントも合わず、当然、肉眼では読むことは不可能でした。そのため、一緒に入っています副本で読むしかありませんでした。(笑)

もっとも、マイクロブックってもとから副本で読むものであって、マイクロブック自体はコレクター商品なので・・・、読めないのは仕方のないことです。

こちらのご本は現在も開館中の「印刷博物館」のものです。ここまで小さい本が製本されているのですね。

何か大きさを伝える良い物はないかと思い一円玉と撮影しましたが、あとでブログを書こうと画像を見てみましたら、本があまりにも小さすぎて画像にすごく違和感を感じます。
画像だけ眺めていると、本が小さいのではなく、一円玉がとても巨大に見えて参りました(笑)

--------
古書店三月兎之杜ではマイクロブック・豆本を積極的に買取させて頂いております。詳しくは古書店三月兎之杜の豆本買取のWEBサイトを是非ご覧ください。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)、LINEからもお気軽にご相談下さい。

よろしければシェアお願いします