週刊 サンダーバード2号&救助メカ (完成品/デアゴスティーニ)を買い取りさせて頂きました。

『週刊 サンダーバード2号&救助メカ』(デアゴスティーニ)を、宅配買取りにてお売り頂きました。

サンダーバード2号&救助メカ

サンダーバード2号は、SF人形劇「サンダーバード」に登場する架空の超音速有人原子力輸送機です。機体色は濃緑色がベースで、作品に登場する多くのメカの中で最も人気が高いのが、この2号です。

サンダーバード2号

「サンダーバード」に登場する、国際救助隊とは、創立者は宇宙飛行士から発明家に転身したジェフ・トレーシーで、スーパーメカの悪用を避けるため、南太平洋の孤島、トレーシー島に極秘基地を構えています。そしてサンダーバードのパイロット達は、ジェフ・トレーシーの5人の息子たちです。

サンダーバード1号→スコット・トレーシー(長男 26歳)
サンダーバード2号→バージル・トレーシー(三男 24歳)
サンダーバード3号→アラン・トレーシー(五男 21歳)
サンダーバード4号→ゴードン・トレーシー(四男 22歳)
サンダーバード5号→ジョン・トレーシー(次男 25歳)

サンダーバード パイロット

サンダーバード2号の1番の特徴は、換装可能なコンテナポッドです。コンテナポッドは使用用途や搭載機材、メカニックごとに6つのポッドがあらかじめ準備されていて、カテゴリーごとにナンバーがついています。

ナンバー1→火災対応
ナンバー2→大型クレーン
ナンバー3→航空機事故対応または中型土木機器
ナンバー4→水上及び水中救助(サンダーバード4号常時搭載)
ナンバー5→重土木機器、サンダーバード6号
ナンバー6→予備コンテナ

サンダーバード コンテナ

サンダーバードが放送された以降は、日本のSF作品にも大きな影響を及ぼし、例えば[ウルトラマンシリーズ]では特にウルトラセブンから、地球防衛チームの基地内での戦闘機の精密な描写がされるようになっています。

サンダーバード 救助メカ

そして、サンダーバードは2004年にはアメリカ合衆国で実写版映画が公開され、2015年からはリブート版「サンダーバード ARE GO」が放送されていて、今も尚人気の作品ですね。


今回は『週刊 サンダーバード2号&救助メカ』の完成品をご紹介させて頂きました。弊店では、未開封のお品はもちろん、完成品も買い取りをさせて頂いておりますので、「作ってしまったものは売れないかなぁ」など思われている方がいらっしゃりましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
(完成品の中には、買い取りが難しいお品もございます。ご了承下さい。)

ご相談は、古書店三月兎之杜のデアゴスティーニ買取ページよりご相談下さい。

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。

その他の買取事例は、
古書店三月兎之杜の買取事例ページより

よろしければシェアお願いします