季刊「銀花」を大量に買取させて頂きました。

LINEで送る


日本の暮らし、和をコンセプトとした1970年に創刊されましたが、惜しくも2010年2月の通巻161号をもって休刊となりました。
表紙も特徴的で、雑誌にありがちな定番のレイアウトではなく、一見混在した、それいで「和テイスト」でまとまった表紙が印象的でした。このあたりもに日本的と思います。


銀花の買取は昔から古本屋さんの定番であったのですが、このところ手放す方が増えてしまい、多少、飽和状態になっております。特にインターネットで写真や解説をご覧になる方が一般的となり、どうしてもこのような美術系ジャンルは苦戦を強いられております。ただ、今回のように20年、30年という大量の冊数でしたら高価買取は可能です。ご整理の際には、是非、古書店三月兎之杜までご相談下さいませ。

---
詳しくは古書店三月兎之杜の雑誌買取ページを御覧ください。
 メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより、ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより、
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。