野口晴哉著作全集を買取致しました(全生社/野口整体)


日本の民間療法の超人といえば、野口晴哉ではないでしょうか。その野口晴哉著作全集(全生社)全11巻の内、6冊を買取させて頂きました。
裸本、書込み有りという状態で、一般的な古書店さんでは敬遠される状態なのですが、この分野は当店の専門ですので高価に買取させて頂きました。
どうも有難うございました。(探求書ご登録の先約様に売約済みですのでご了承下さい。)

せっかくですので、小職(店主)がお勧めする、野口整体へのアプローチを書いてみましょう。

1.風邪は悪くない
簡単に要約しますと、”風邪を引くことは悪いことではなく、身体を調整する作用である”という、コペルニクス的展開を唱えた理論です。
例えば「風邪も引かなかった頑丈な人なのに大病になってしまった」という話を聞いたことはありませんか。風邪を引くのは体が敏感な証拠です。ですから体内の異常がすぐにわかります。体が鈍感ですと・・・もう、おわかりですよね。体内に病気を溜め込んでしまい、それが表面ではわからないのです。一番ベストなのは、風邪を引いて短時間で体を通過させる事なのですが、体調が悪いと長引いてしまいます。でも、このような考え方があると知っているだけでも、身体に対する考え方が随分違ってくると思います。
『風邪の効用』として<ちくま文庫>から出版されておりますので、最初の「野口整体」を理解する一冊として大変オススメです。

2.足湯
『風邪の効用』で野口整体にご興味を持たれたら、あとは何でも良いと思いますが、同じく<ちくま文庫>の『整体入門』でも紹介されている足湯はいかがでしょう。
いわゆる健康ランド等の足湯とは少し趣が違い、やり方にルールがあります。まず熱いお湯に両足を6分浸け、足の赤みが少ない方をもう2分漬けるという方法です。これで両足の体温調整をはかり左右のバランスを取ります。
小職が行ったところ、翌朝の目覚めが大変良くて、今では毎日の日課にしております。2015年にもブログでご報告しておりますので、宜しければこちらもご覧ください。

3.背骨で呼吸する
後頭部から息を吸い、背骨に通す感じで呼吸します。もちろんイメージとして行います。小職がはじめて行ったときには、背骨がバキバキとなってびっくりしました。コツがわかると簡単ですから、皆様も一度挑戦されてみて下さい。体が楽になるので、長い運転の後や、仕事で疲れた時に今でも試しております。全生社の「愉気法2」に掲載されております。

4. 愉気
ここから難易度が上がってまいります。愉気(ゆき)と呼び、手を体に当て、手のひらで呼吸をするという方法です。西勝造の触手療法、臼井霊気療法など、いわゆる手当療法の一種です。気功に近いものですので、お試しください。小職は手当て療法に興味があり、西式の合掌四十分行や霊気などを行った経験がありますので、すんなり実践出来ました。自分で自分に手を当てて実践すると、体全体がじわーっと温まってきます。

5.活元運動
個人的には非常に難易度が高い療法で、残念ですが、小職は何度実践しても上手く出来ませんでした。 ゆらゆらと体の赴くままに動かすというのですが・・・、難しいです(苦笑)。いちど指導者について行ってみたいと思います。

他にも野口整体には様々な療法があります。ご興味を持たれたら、ぜひ読んでみては如何でしょうか。野口晴哉のサイトも(公)整体教会や全生社の協力によって開設されております。

--- 
古書店三月兎之杜では民間療法や東洋医学の古本古書を高価買取しております。
古書店三月兎之杜の東洋医学の本買取サイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお気軽にご相談下さい。 

よろしければシェアお願いします