航空母艦 赤城を作る 全100号をお売り頂きました(デアゴスティーニ/東京都多摩市より)

『週刊 航空母艦 赤城を作る』
毎号付いてくるパーツを組み立てて、250分の1スケールで再現するパーツ付クラフトマガジンです。
様々な空母や艦載機などが分かりやすい写真やイラストによって解説されています。

 
赤城は飛行甲板をもつ航空母艦です。では飛ぶことの出来る船なのかと言われますと、そういうことではなく、艦船上における滑走スペースがあるという事です。海の上なのにどこからでも航空機を発進させることの出来る空母は、重要な海戦でも非常に重宝され活躍しました。

あまり馴染みがなく分からないという方も多いかとは思いますが、「永遠の0」や「ダイ・ハード」などの映画にも数多く登場しておりますし、近年ではアニメ「艦これ」でも注目を集めておりましたので、赤城という名前に聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないかなと思います。

赤城の艦名の由来は、群馬県前橋市の赤城山にちなんで命名されました。空母なのにどうして山の名前なの?と思いますよね。その理由に関しては、その頃にはまだ航空母艦に対する命名の規定が定かではなかったからだそうです。

 
太平洋戦争から活躍してきた赤城ですが、ミッドウェー海戦において爆弾が命中してしまい、艦内の爆弾や燃料に次々と引火し大きな火災となり大破となりました。沈没こそはしなかったものの、まだ攻撃を受ける可能性があり、日本まで戻るには困難と判断され、悲しいことに自沈処分となりました。

そんな赤城をまた見ることが出来るこちらのシリーズ。
古本に強いのは当然の事ながら、古書店三月兎之杜では、このようなデアゴスティーニやプラモデル等もご一緒にお売り頂ける事が強みの内の一つでもあります。勿論買取金額におきましても高価買取させて頂けるよう、日々努力しておりますので、他店様との相見積もりも大歓迎です。他店様に金額で負けているようでしたら、出来る限り買取額を上げさせて頂きますので、その際にもご相談頂けますと幸いです。

また、アシェット、デルプラド、イーグルモスの高価買取にも自信がございます。
買取価格表と買取事例は古書店三月兎之杜のデアゴスティーニの買取ページを御覧くださいませ。 
価格表は日々更新しております。 

メールでのご相談は、こちらのお問い合わせページより
ラインでのご相談は、こちらのらくらくLINE査定ページより
お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します。
皆様のご相談を心よりお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
 

よろしければシェアお願いします