呉清源・本因坊秀策などの囲碁関連のご本を愛知県東海市より宅配にて買取させていただきました。

LINEで送る

呉清源・本因坊秀策などの囲碁関連のご本を愛知県東海市より宅配にて買取させていただきました。

 

 

地元の図書館には、今年亡くなられた作家さんのコーナーがありそこで、2年くらい前に「呉清源とその兄弟」といったようなタイトルの本を読んだのを覚えています。自分は囲碁は遊び方なもので、祖父や父親と打ったりしたくらいなものです。しかし、そんな自分でも呉清源ともなると将棋で言う羽生善治くらい有名ですので知っています。自伝を読むのが好きなのでちょうど良いと思い読ませてもらいました。
この本は自伝ということもあり、碁のことにはあまり触れずに、日中間の現代史について語られていたり、倉皇の時代を過ごしてきた棋士とその兄弟との人生が書かれていて、とても興味部下買ったです。こういった人が書かれた自伝は嘘がないような気がして、どんどん引き込まれて読んでしまいますね。

 

呉清源は『中の精神』というものを大事にしていて、11歳の頃に北京で碁の天才少年と言われ、1928年の14歳の時に来日。56年後の1984年に70歳の古稀を迎え現役を引退するまで『中の精神』というものを大切にしていたそうです。”中”というのは日本語で言うところの”調和”という意味だそうです。

 

今回お売りいただきました、「21世紀の碁」を出版するにあたっても大変真面目な方で、早く出版して欲しいという要望が多々ある中、呉清源は「まだ結論が出ていない。未完の研究を発表することは心苦しい。」ということで、出版を渋っていたそうです。ですが、周囲の人間が”現在の最善と思われることの発表を躊躇してはいけない。”と説得したことにより、この「21世紀の碁」を出版するに踏み切ったそうです。
こういった戦術は常に未完の状態にあると思います。終わりなど存在しない気がします。ですので、呉清源を出版に踏み切らせてくれた方は讃えられたでしょうね。

 

 

呉清源は研究会を開いていて、呉清源ともなると日本・中国・韓国・アメリカ・欧州などからプロがわざわざ訪れてくれて、研究を重ねたそうです。その研究会で、教えたことが間違っている可能性があると思ってしまうと夜中に目覚めてしまい寝付けないくらいに、常に囲碁のことを考えていたそうです。
更により良い一手が発見されると次の研究会で訂正。また、更により良い一手が発見されると、また研究会で訂正を発表。と、常に最善の一手を研究されていて、まさに”碁聖”だと思いました。
また、この本の刊行にあたり
「この本で発表していることは絶対的な決定版ではありません。
 私が息をひきとるまで変化と進歩を繰り返しながら研鑽をつづけますから、この点をご了解下さい。
 発表の度に前回と違うとか、変わったと感じられましたら右記のりううからとお許し下さい。」
と、書いてありましたが、現段階での呉清源の見解を聞け、常に碁のことを考え、最善の一手を毎日毎日研究している方が出した本に文句を言う人はいないでしょう。この本が発売された時にはさらに、最良の手が見つかっているかもしれませんがそれはそれで、この時はこれが定石だったのだと、また違う勉強になるご本だと思います。

 

最後にこちらのご本は第1巻が1997年に発売され、最終巻の第10巻が2000年に発売されました。その時の呉清源の言葉がありましたので、引用させていただきます。
「来たる21世紀は世界中の人々がお互いを想いやり、平和な世界が期待されています。
 同様に己れだけが貪るのではく相手にも得をさせ、自分はより多くの利を得る碁、先に投資して後に利益を回収する碁、そのためには見えない地を重視する六合の碁を理解していただきたいと念じ、この出版にご尽力を下さった関係者の方々へ御礼を申し上げます。」

碁の天才が、碁のことだけでなく世界平和を願ってくれているのに、本日また北朝鮮がミサイルの発射訓練を行いました。そのミサイルで碁盤と碁石、何セット買えるんかなぁ・・・。

 

---------------------------------------------

買取のご相談は、古書店三月兎之杜の買取のお申し込みページよりご相談下さい。
メールでのご相談はこちら

お電話でのご相談は、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお願い致します

その他の買取事例は、こちらよりご覧になれますので、ご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓